新聞の購読率を推定すると

最も身近で、お手軽な宣伝手法として新聞への「折込みチラシ」があります。

チラシ1部、3円ちょっとでご家庭へ届けられる。

小さなお店から、

地域のスーパーマーケットから、

マンションやら建売住宅のチラシが配布されています。

で、

近年、この身近である媒体の効果が「うすれてきた」ということが言われています。

理由は「新聞をとっている家庭が少なくなっている」。

若い世帯を中心に、新聞を購読していないとの指摘。

試しに、この折込み部数から逆算してみます。

我が江別市のケースとして。

 ・・・

江別市 世帯数:52,340世帯

道新:27,880部

朝日:5,000部

読売:5,690部

主要3紙で合計 38,570部。

ということは、世帯数で割ること、73.7%となります。

27%の世帯が新聞を購読していない、と単純計算では示しています。

これ、あくまで平均の数字でしょうから、

若者世帯をターゲットにしている企業であれば、3割どころか4~5割の層に「届いていない」媒体になっているのかもしれません。

かわりに台頭してきているのが「宅配新聞」。

いわゆるフリーペーパーの類です。

全戸配布を売り文句に、メディアとしての影響力を高めています。

折込みチラシの反響が落ちてきたなあ~と思われる方、

目先を変えてみるのも、効果的かもしれません。

パークゴルフ新聞

月刊の「パークゴルフ新聞」というフリーペーパーがあります。

新聞と名乗りながらの、無料の情報紙です。

創刊して3年目。

約6万部の発行。

広告料金は1P45万円の建値ですが、実勢はその半分程度からの交渉だそうです。

毎月25日に発行。カラー32ページ立て、

というのが媒体情報です。

有料の月刊誌「パークゴルフビュー」とはややちがった読者層だそう。

有料で購入してまで読みたい情報と一線を画した、ミドルのパークファンへ向けた身近な情報を取り上げていきたい、と同社の営業部部長の木村さんは語っていました。

パークファンの増加にともない、いろんな媒体が切磋琢磨しながら、業界が発展していくことを願っています。

新しい媒体の創刊

リクルート社から「タウンワーク」という、求人誌が創刊されました。
なんと、無料です。
ということは、フリーペーパーということになり、
WEBの世界同様、情報へのアクセスのハードルがさらに一段下がった状況をつくりだしました。

この媒体は、スタッフの募集からすごい勢いでやっていました。
そして先週の創刊準備号である0号の発行から、
今回の創刊号の配布では街中いたるところで、
同社のホットペッパーをしのぐ勢いのスタッフ数で配布攻勢。

どこいっても、キーとなる交差点には、あの赤いジャンバーを着た配布スタッフがいました。

そして、自宅にもこのチラシが折り込まれています。

キャッチコピーは
「これからは、無料でシゴト探し!」

既存の有料の求人誌の動向が気になるとともに、
「仕事」が「シゴト」とカタカナで表記しているように、
なんだか、軽いものにとらわれている所が気になります。

ともあれ、こういう雑誌・フリーペーパーの登場で
今まで以上にいろんな人が、いろんなところで
自分の能力を活かせる機会が生まれることを期待します。

V6010358

新聞ジャック広告

4月15日(土)の北海道新聞にはびっくりさせられました。

(記事内容ではなく、広告が)

なんと、広告スペース全体が1社で買占められていたのです。

題字下から普通の記事下スペース、ラテ面や煙突といわれる細かなスペースまで

どこのページをめくっても、すべて同じ「大和証券」の広告です。

久しぶりに「おおつ!」という広告出稿でした。

この手法の始まりは、サッポロビールだと聞いています。

道新が休刊日を間違えてしまって、休みと思っていた日に実は発行しなければならなくなった。

記事はあれど、広告スペースはからっぽ、という非常事態に

サッポロビールが「まるごと広告スペースを引き受けましょう」ということで

前例のない、新聞紙面1社まるごと買取広告が生まれた、と記憶しています。

1社買いきりの新聞を改めて見せられると、少々違和感はありますが

たまには、こんな手法があったって面白い。

しかし、費用対効果はどうだったのでしょうか。

また、この1社買いきり企画に「気が付かなかった人」はどのくらいいるのだろうか・・・

興味のあるところです。

V6010326

新聞企画

北海道新聞の夕刊の広告です。

2ページにわたって展開されています。訴求力、インパクトともに抜群な紙面展開です。

「2ページ全面広告かあ~、予算がいくらでもあればなあ・・・」

いやいや、決してそうではないのです。

北海道新聞の朝刊でまともにやれば、数百万円のものが、「企画モノ」として出稿できるのです。

夕刊:札近イースト版で1,440,000円。発行部数が18万部なので、1部当たり8円。

これに制作費を加えるだけでOKです。

インパクトを持たせたいときに、使えるやりかたです。

V6010298_6

サプリブという媒体

札幌市、北広島市の分譲マンションに配布されているフリーペーパーです。

住まいに関することや、暮らしの情報を中心に12ページで編集されています。

発行部数は、約113,000部とのこと。

発行元は「株式会社コムサ」というぼくの先輩が社長のプロダクションです。

V6010300

その他のカテゴリー