« 冬の「モエレ沼公園」 | トップページ | 定山渓での新イベント「雪三舞」がスタート »

大倉山でジャンプ競技会を観戦

大倉山にジャンプの大会を見に行く。

Dsc_0490
第57回HBCカップジャンプ大会。

Dsc_0512
90キロ台のスピードで、助走路を滑り
選手は飛んでくる。

Dsc_0505
飛ぶ、というより、「落ちてくる」といった方が適切だろうか。

近くで見ていると、選手の風を切る音がスゴい。

Dsc_0501
ごーっと、いう音とともに着地。
パタンと乾いた音が響く。

Dsc_0504
選手は、中学生から社会人、名前をよく聞く五輪選手まで
60人がエントリーしていた。

Dsc_0518
バッケンレコードは、146メートル。
よくぞ、こんな遠くまで「落ちてきた」ものだ。

Dsc_0527
帰りぎわ、大倉山からぶらぶら歩いて戻る途中、
荒井山で人影が見えた。

25メートル級という小さなジャンプ台で、
小学生の少年団が練習していた。

「お願いしまーす!」
という声から、スタート。

ジャンプは本格的なV字飛行。

ちびっこ達も、きっといつかは
あの大きな舞台で翔たくことを夢見て。

がんばれ。


« 冬の「モエレ沼公園」 | トップページ | 定山渓での新イベント「雪三舞」がスタート »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の「モエレ沼公園」 | トップページ | 定山渓での新イベント「雪三舞」がスタート »