« 江別市の「関ファーム」で酪農体験、モニターツアーに参加 | トップページ | 鶴雅ビュッフェダイニング札幌 »

北海道新聞の紙面の一部を担う、その記事制作の舞台ウラ

Dsc_0490

「北海道新聞」という、社歴があり部数もすごい、
地元では絶大なる影響力がある新聞紙面に、
原稿を掲載させていただいている。

とても、ありがたいことだ。

半5段大の大きさのコーナー「わくわくアウトドア」。
800字相当の原稿がどのようにつくられているのか。

その舞台裏、バックヤードをちらっと
ご紹介したい。


取材を経て、文章をつくる現場から。

Dsc_0491
ワタシの仕事机。

MacBook Air 14インチをメインに、iPadの画面や資料を見ながら文をつくる。
「構成メモ」をもとに、情報を整理していく。

パソコンの画面は、
ワードを立ち上げ、2段組みレイアウトにしてある。

参考にするWEBサイトなどを見ながら、文字を入力。

Dsc_0499

何度も読み、ある程度整えられたら、紙に出力。

A4用紙上で推敲を重ねて、自分でアカ字やメモを加えていく。

こうした校正をした後、いったん寝かせる。

原稿はなんでもそうだが、
冷却時間を経て、再度みなおしをしなければ
すごくヘンなまま。

持ちうる時間のかぎり、
見直しを重ねて、整え、入稿する。

入稿はメールだ。

「送信」のボタンを押せば、完了!


毎度のことながら、ホッとする瞬間。


Dsc_0526
北海道新聞社の編集局報道センター内の記者さんの机。

ここで、ワタシの原稿が編集される。

今回、初めて見せてもらった。
専用の編集ソフトをつかって記事を編集。

それにしても机がせまく、
パソコンもノート型のちいさいマシン。
(笑、失礼)


(小さいPCなのは、現場や自宅に持ち運んで原稿を送るからだそう)

PCは会社から支給されているもの。

Dsc_0523

客観的な記者の視点からチェックを入れていただき、

何度か、ギモン点などのやりとりを経て、

「デスク」と呼ばれる編集責任者のOKサインが出て校了。


その後、「刷り」が出され、

(今はもう、正確には刷りではなく、出力ですが)


初校→再校→再再校がなされ、

写真のように”ダーマト”(←なつかしいですね)を使って

一文字一文字チェックする。


やっぱ、新聞の世界は、

スゴいですねぇ〜

見習わなくちゃ・・・


Dsc_0530

記者の斎藤友香さん。

コーナーのご担当者。


斎藤さんは札幌出身、岩教大を出て

ユースホステル協会のスタッフを12年経験し、

道新の関連会社に転職。

帯広支局を経て、現在、札幌編集センターに配属。

夕刊「情報らんど」面を担当している。


Dsc_0525

ちなみに、斎藤さんの取材ノートを見せてもらった。

アピカのシンプルなノート。

(プロが使うノートということで、かっこいいのでワタシもスグに購入した、笑)


Dsc_0524

下調べを念入りにして。

ペンはその日のお気に入りのものを使って。


カメラはニコンのD3100が支給されている。


斎藤さんは1日の勤務時間の、その大半をPCに向って、

原稿と格闘する。

意味を調べて、表記に誤りはないかを確認し、事実関係をチェックする。


札幌本社の報道センターには記者が70人あまり。編集が100人。

加えて全道の50数カ所の支局などの記者から原稿が集まり、

全32ページの新聞が作られている。


北海道新聞の発行部数は、およそ107万部。

これが、毎日とは。

スゴいこと。


Dsc_0534

いかにも新聞社!という社内。

ワンフロアーの広い編集局には、ニュース速報が入ると、

社内に放送が流れる。

緊張感あふれる職場だ。


今後も、ひきつづきよろしくお願いします。



« 江別市の「関ファーム」で酪農体験、モニターツアーに参加 | トップページ | 鶴雅ビュッフェダイニング札幌 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江別市の「関ファーム」で酪農体験、モニターツアーに参加 | トップページ | 鶴雅ビュッフェダイニング札幌 »