« 奥尻 晩秋のスナップ | トップページ | 手打ち生パスタをつくるたべる体験 »

長沼町の「こかげ喫茶室」

すてきなカフェに連れて行ってもらう。
Dsc_0493
「こかげ喫茶室」。

長沼町、長沼温泉の近く。
住宅などがポツンポツンと建つ、その一番奥に佇む一軒家。

まるで、「隠れ家」のような建物。

陶芸家のアトリエ住宅を改装したカフェだそう。

カフェというこじゃれた呼び名ではなく、
名称のとおり「喫茶室」がとてもよく似合う場所。

「こかげ」という名前とこれまた、
ぴったりとマッチしている。

店内は撮影NG。

オーナーご夫妻の

そのお人柄が、


室内に、

メニューに、

インテリアに、


あらわれている。


Dsc_0492
さりげないセンスが、快適さをもたらす。

営業時間も、お人柄をあらわしているような、
9:30〜17:00。

ここでは、時間がとまってしまったかのような、
そんな時がすごせる。

アートと、
自然景観と、
ノスタルジーと。

ときどき、小鳥がやってくるという

ほのぼのカフェ。


そ っ と 、 


お と ず れ た い 。


« 奥尻 晩秋のスナップ | トップページ | 手打ち生パスタをつくるたべる体験 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥尻 晩秋のスナップ | トップページ | 手打ち生パスタをつくるたべる体験 »