« せたな町にある「太田山神社」の参拝に成功 | トップページ | HTBでの放映 »

美瑛のモニターツアー夏版が終了

美瑛のモニターツアーに行く。
テーマは新しい美瑛の魅力を発見・伝えること。

農林業の現場にふれさせていただき、
収穫体験を通じて食事をみなでつくり、家族のふれあいを再確認する。
そんな想いで企画されたツアー。

家族ふれあいプロジェクト「食と森の学校」。

新聞広告やFacebook告知などにより、
札幌方面から5組18名が参加した。

Dsc_0500
初日は、美瑛の農家3軒におじゃまして、
ブロッコリー、タマネギ、ジャガイモ、ニンジンなどを収穫。
どんな風に育つのかを説明を聞く。

収穫物は、畑でカレーライスにして調理。
野菜サラダなどと一緒に味わった。

Dsc_0507
宿泊は国立大雪青少年交流の家。

一般的な宿泊所とはちょっと違う、規律ある施設でお泊まり。
ベットメイクや掃除も自分たちで行った。

Dsc_0523
2日目の午前中は、母コース、父子コースの2つに分かれて体験を実施。
写真の母コースは、美瑛在住の作家・中村純子さんによる「リーフアート」制作体験。

ポストカードに葉っぱを乾燥させた材料を切って貼って仕上げる
オリジナル作品をつくった。

Dsc_0533
午後は森の中で、林業の現場で。
美瑛で3代に渡って森の仕事をする西出木材(有)の西出さんから話しを聞く。

真近で聞くチェンソーの爆音に驚き、
実際にカラマツを切り倒す作業に圧倒された。

天候にも恵まれ、
楽しく過ごせた2日間。

丘風景や青い池だけではない、美瑛町の魅力の一端が伝われば
うれしい限りだ。


« せたな町にある「太田山神社」の参拝に成功 | トップページ | HTBでの放映 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« せたな町にある「太田山神社」の参拝に成功 | トップページ | HTBでの放映 »