« ひやまモニタツアー3回目、江差編前編 | トップページ | ひやまモニタツアー3回目、2日目・奥尻島 »

ひやまモニタツアー3回目、1日目後編・乙部町

「ひやま」の魅力・知名度アップ事業のモニターツアー[A-南]。

1日目の後半。

江差町から厚沢部(あっさぶ)町を経由して乙部(おとべ)町へ行く。

Dsc_0573

厚沢部町のみちの駅「あっさぶ」にて休憩と視察。

ここには、地元の野菜直売コーナーや、加工品・工芸品が売られている。

檜山の物産が集められているコーナーもある。

そして、一行は厚沢部→乙部へ。

乙部町は日本海側に面する人口約4,400人のまち。

江戸時代よりニシン漁で栄えた。

Dsc_0582

乙部町の北部にある「鮪(しび)の岬」。

北海道の天然記念物にも指定される、安山岩柱状節理の結晶。

四角い棒のような岩が規則正しく連なる、不思議な光景が見られる。

Dsc_0590

その岬の上部には、公園が整備され遊歩道が整備される。

ここは桜の名所だそう。

Dsc_0596

続いて、元和台(げんなだい)海浜公園「海のプール」。

岬の先端部分を防波堤で囲い、安心して海水浴ができる場所。

道南で、人気のビーチだ。

開設シーズンが終了したちょっと郷愁が残る施設を展望台から眺める。

Dsc_0599

続いて、乙部の名水「いのちの泉」。

以前から地域の方が活用していた自然湧水を

災害時の貴重な給水施設として整備したもの。

町内5カ所にある。

写真は「こもないの水」。

Dsc_0607

そして乙部の最後は「縁桂(えんかつら)」。

縁結びのパワースポットとして人気が高い。

雑誌の「訪ねたい神秘的な巨樹特集」で、縄文杉に次いで全国2位に輝く。

現在は、先日の台風や大雨の影響で行くことができないが、

早急に復旧するとのこと。

Dsc_0613

建替えリニューアルオープンの工事が進む「光林荘(こうりんそう)」。

客室17室、天然温泉が付く町営の宿泊施設だ。

来年3月のグランドオープンを目指している。

Dsc_0617

おとべ温泉「いこいの湯」。

源泉かけ流しの日帰り温泉。館内にはアート作品が展示される。

裏山に囲まれる露天風呂は、快適。

Dsc_0624

夕食は乙部町の飲食店キッチン「のどか」さんで。

役場の観光関連の皆さんとの交流会を兼ねて実施。

乾杯は、産業課の品野さん。

Dsc_0633

メニューは豊富な乙部の食材を活かした創作料理。

写真は人気のウニパスタ。

Dsc_0619

サンマの刺身やイカ刺し、アワビはもちろん、

珍しい耳の部分を使ったイカ刺し、スルメの塩辛、

収穫が始まったメークインの塩ゆでなど、

海の幸、畑の幸が多数振る舞われた。

 

一行は、乙部町から江差町へ戻り、ホテル寺子屋さんで宿泊。

1日目が終了した。


« ひやまモニタツアー3回目、江差編前編 | トップページ | ひやまモニタツアー3回目、2日目・奥尻島 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひやまモニタツアー3回目、江差編前編 | トップページ | ひやまモニタツアー3回目、2日目・奥尻島 »