« せたな町の、ひそっぷ、お届けバーベキュー、村上牧場さん | トップページ | せたな町〜八雲町〜大沼公園・七飯町 »

せたな町の、ヤマヨ斎藤漁業、ホッケの開き体験、浜の母さん食事処、太田山神社、あわび山荘

せたな町、その2。

日本海側を走る国道229号線、檜山国道沿いにある黄色の建物。

「ヤマヨ斎藤漁業水産加工場&直売所」。

斎藤さんが経営する、漁師の工場だ。

Dsc_0605

ここで、ホッケの開きづくり体験を行う。

Dsc_0606

指導は、ベテランのお母さん。

プリプリの大きめのホッケを選んでは、

「ほれ、こうして・・・」と、手際よくさばいていく。

Dsc_0610

上手な人、悪戦苦闘な人。

いろいろいるが、写真の菊地さんは上手な方。


さばいたホッケは塩を振り、干した後、宅配してくれる。

自宅に届くのが、楽しみ!


Dsc_0613

加工場の隣りにあるのは、漁師の直売店「浜の母さん食事処」。

黄色い建物の前には、日本海が一望できるテラス席もある。

Dsc_0615
こちらを経営するは、斎藤誠さん。

あの「わっかけ岩」を経営する斎藤さんのお父さんだ。

現役の漁師でもありながら、加工場と食堂をも営む。

最近では、農業にも取組み、新鮮な野菜も提供している。

Dsc_0614

店内には、活きたホタテやツブ、ヒラメやアワビが並ぶ。

東ハイヤーの松本社長いわく、

「この親子は、ほんとに良く働く方々なんですわ。深夜から漁に出て、それから寝ずにずっと、こうして加工や直売をやっているんです・・・」と。

そういう姿勢は、伝わるんだよなぁ。

Dsc_0617

つづいて、日本海側を南下して「太田山神社」に到着。

ここは知る人ぞ知る、「日本一危険な参道」と言われる神社だ。

Dsc_0618

参拝には、この信じられない急斜面の階段を登らねばならない。

その数、139段。

Dsc_0619

さらに、その上に行くには、ロープを頼りに登らなければならない。

これは本格的な登山ではないか!

軽装で上がってきた我々は、やむなく途中で引き返す。

うーん、残念。

次回はしっかり装備して、再トライしたい。


ちなみに、この神社は標高485mの太田山にある山岳霊場で、1441年ごろ創立。

松前藩の祖である武田信広がやってきて以来、

航海の安全と霊神の加護として信仰される場所だそう。


Dsc_0633

その後、本日の宿である、国民宿舎「あわび山荘」へ到着。

Dsc_0624

名前のとおり、アワビづくしの料理が楽しめる。

Dsc_0623

コリコリとした食感がたまらない活アワビのお造りをはじめ、

季節の鍋物、焼き物、天ぷらなどの御膳。


Dsc_0630

オプションの「あわびの踊り焼き」はぜひ味わいたい逸品。

いや、もう・・・

声も出ないほど。

ご ち そ う さ ま でした。


« せたな町の、ひそっぷ、お届けバーベキュー、村上牧場さん | トップページ | せたな町〜八雲町〜大沼公園・七飯町 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« せたな町の、ひそっぷ、お届けバーベキュー、村上牧場さん | トップページ | せたな町〜八雲町〜大沼公園・七飯町 »