« 「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜福島町プラン | トップページ | 「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜松前町プラン »

「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜上ノ国町プラン

「江差・松前千年北海道手形」で旅する、道南西部の松前半島観光。

「上ノ国プラン」に同行してきた。


朝、函館を出発した定期観光バス「江差・松前名所周遊号」は、

厚沢部で立ち寄り、江差観光をした後、上ノ国の勝山館跡ガイダンス施設を見学した後、道の駅「上ノ国もんじゅ」に到着。


上ノ国町は、今から500年前・室町時代に東北地方から北海道へ

当時は「蝦夷(えぞ)が島」と呼ばれていたころに、和人が移住した地。

北海道の礎が見てとれる貴重なまちだ。

Dsc_0537

「文殊浜」と呼ばれていた地名から名付けられた、

「もんじゅ」のレストランからの景色。

日本海が一望できる。

Dsc_0614

ここで、手形に含まれる特別弁当「上ノ国御膳」をいただく。

上ノ国町産の海の幸・山の幸をつめた、定期観光バス限定のメニュー。

高級魚であるヒラメ(この地方では「てっくい」と呼ばれる)の天ぷらが目玉。

Dsc_0626

上ノ国まち歩きガイドの、笠谷愛美さん。

地元出身、バスガイドなどを経験し、

Uターンして観光協会に所属する若きガイドさん。


Dsc_0622

笠谷さんの案内で、国重要文化財である「旧笹浪家住宅」を見学。

北海道に現存する民家では、道内で1番古いとされる建物。

1800年代前半の建物、ニシン場の網元の家だ。

Dsc_0640

道内に残るニシン番屋建築の原型ともいわれる内部は、

むきだしのすすけた梁が印象的。

Dsc_0642

中には常駐ガイド・辻美保子さんが案内してくれ、

「こうれん」と呼ばれる昔から伝わるお菓子をいただく。

Dsc_0648

つづいて、お隣の「上ノ国八幡宮」へ。

こちらも道内に現存する神社としては1番古い建物。

本殿は1699年、建立。

神社であるが、お寺のような佇まいが特長だ。

Dsc_0658

そして、そのお隣にある北海道内で最も古いシリーズの最後は、上國寺本堂。

室町時代の1443年に開基したと伝えられる、道内有数の由緒ある古寺。


Dsc_0662

ここは内部を見学することができる。

豪華絢爛、金箔がふんだんに使われている。

らんまに印象的な意匠が施されるなど、見どころたっぷり。

いにしえの力がみなぎるパワースポットだ。

Dsc_0666

そしてツアーは「勝山館」へと実際に歩いて上る。

Dsc_0674

標高100mの丘陵の上に築かれた「勝山館跡」。

「館(たて)」とは、戦国時代のお城の役割を果たした場所。

ここに数多くの建物があり、たくさんの人々が住んでいたことがわかっている。

アイヌと和人の混住が話題となった場所でもあるそう。

Dsc_0682

その勝山館のさらに上にある、「夷王山(いおうざん)」。

標高159mの山頂からは上ノ国市街はもとより、

江差や遠くは奥尻島までが見える。

山頂にある夷王山神社の鳥居がシンボリックだ。


Dsc_0688

トレッキングの後は、「さとう果樹園」さんにクルマで移動。

この地で果樹園を営む3代目の佐藤真治さんが案内してくれる。

Dsc_0693

サクランボ狩り、30分食べ放題!

「佐藤錦」ほか4種類を食べ比べできる。

「糖度が20〜23度にもなる」(佐藤さん)という驚異的な甘いサクランボは絶品。

Dsc_0701

その後は、「湯ノ岱(ゆのたい)温泉」へ。

正式名は「上ノ国町国民温泉保養センター」。

珍しい炭酸泉の温泉で、源泉かけ流し。

3種類の温度の浴槽があり、長湯ができる。

この日のまち歩きガイドツアーはこれで終了。

各宿泊施設へ送っていただく。

Dsc_0710

この日の宿は、癒しの宿「よ志栄(しえ)」さん。

和風の門構えながら、洋室もある旅館。

Dsc_0707

前浜に上がった新鮮な魚介類が味わえる。

カエルの鳴き声をBGMにぐっすりと眠った。



Dsc_0719

2日目は、「上ノ国スペシャルまち歩き」の後半戦。

約2時間、前日と同じガイドの笠谷さんが笑顔で案内してくれる。

スタートは、「上ノ国観音堂」へ。

Dsc_0721

この日は毎週土曜日に集まっているという、

地元の保存会のお母さんたちと交流。

Dsc_0723

こちらには、全道1大きな円空作「十二面観音立像」があり、

実際に手にさわってみることができる。

明治4年、棄却される難をのがれた後、

地域の住民の手によって観音堂を建立して祀られているそうだ。

Dsc_0727

その後は、「花沢舘跡」へ。

ここは15世紀に北海道南西部に築かれた「道南十二館」の一つ。

いわゆる「コシャマインの戦い(1457年)」で陥落しなかった「城」跡。

今はなにもない場所だが、まさに「夏草や兵どもが夢の跡」。

Dsc_0741

そして最後の案内場所「上ノ国館調査整備センター」へ。

ここは、廃校を利用して歴史や文化を紹介する施設。

各種資料室の他、旧体育館には昔の道具が展示されさわることもできる。


Dsc_0745
Dsc_0748

その後は、道の駅「もんじゅ」さんのクルマで送迎していただき、ランチタイム。

写真は、ご当地「ひやまカレー」バージョンの「夷王山Wカレー」(左)と、

地元名産の「フルーツポーク丼」(右)。

(料金は別途)

Dsc_0750

上ノ国町のゆるきゃら「カミゴン」を囲んで記念撮影。


ランチの後は、12:40、定期観光バス「名所周遊号」に再び乗り込み、

松前へ向かった。

 

ガイドの笠谷さんを始め、町の伊勢昭彦さん、鈴木魅さん、

「もんじゅ」の松吉裕之さんらに、

どこまでも親切にもてなしを受けた2日間。

北海道における、和人の第一歩を知ることができる上ノ国町。

歴史のイマジネーションがふくらむ旅となる。


「江差・松前千年北海道手形」

上ノ国千年北海道プラン 1,650円 3日前までに予約

宿泊、2日目の昼食は別途 体験は別メニューもあり


« 「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜福島町プラン | トップページ | 「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜松前町プラン »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜福島町プラン | トップページ | 「江差・松前千年北海道手形」で旅する〜松前町プラン »