« 小林酒造の創業家住宅が一般公開へ | トップページ | 2回目のサロマ100キロマラソン »

「江差・松前 千年北海道手形」という企画

Mn_bnr_main

道南の松前半島をぐるっと回ることができる便利な定期観光バスが
今年の夏はグレードアップして、
エリア内の路線バスにも3日間載り放題になる、
「江差・松前千年北海道手形」が発売される。

この企画は、北海道新幹線の準備の一環で、
いわゆる「2次交通」と言われる、
バスやタクシーをつかった目的地への移動の提案。

従来、1日1便でぐるっと周遊していた定期観光バスに加えて、
現地の路線バスを組合わせ、
途中で乗り降りをして、
ゆっくり地域を滞在・交流していってほしい、
という企画だ。

そのため、
エリアの各地域では、
受け入れのプログラムを用意。

住民ガイドが案内する「まち歩き」プランや、
手ぶらでBBQ、
絶景クルーズ乗船体験、などを準備して、
各地での滞在プランを提案している。

2014年、7月〜8月末までの2ヶ月間限定。
新しい取組みを注目するとともに、
応援したい。


« 小林酒造の創業家住宅が一般公開へ | トップページ | 2回目のサロマ100キロマラソン »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小林酒造の創業家住宅が一般公開へ | トップページ | 2回目のサロマ100キロマラソン »