« ナレッジプラザの「札幌夏季オープンセミナー」は7月9日に開催 | トップページ | 北海道文教大学でのゲスト講師、2コマの授業 »

「今を生き抜く! 共同戦線」

異業種が手を組み、あたらな価値を提供する動きが活発だ。
「今を生き抜く! 共同戦線」
を見た。

20140606_70746
▲ユニクロ×ビックカメラ=ビックロ


20140606_70555
▲モスバーガー×ミスタードーナッツ=モスド



F52944ce72f47a0542f6bb1828bd165a
▲ファミリーマート+カラオケDAM


いずれも、主要客層がダブらず、
しかも、相乗効果が上がるような組合わせ。

企業側にとっても、
生活者側にとっても、
新しい価値となるイノベーションだ。

いずれも、
実験店を経て、多店舗展開を目指しているという。

ドラッカーは、「組合わせ自在の世界がやってくる」と言った。
「企業の成果を左右するものは、結合である」
とも言っている。

そのためには、
「顧客が必要とするものを提供するには、
強みとすることだけを行わなければならない。
その他のことについては、
それを強みとする者と、コラボレーションしなければならない」
としている。

自らの強みをはっきりと意識し、
そこに集中させ、一層磨きをかける。

その上で、だれと組めばお互いに効果があがるか。
顧客により一層の価値を提供できるようになるか。

お互い、考えたい。


« ナレッジプラザの「札幌夏季オープンセミナー」は7月9日に開催 | トップページ | 北海道文教大学でのゲスト講師、2コマの授業 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナレッジプラザの「札幌夏季オープンセミナー」は7月9日に開催 | トップページ | 北海道文教大学でのゲスト講師、2コマの授業 »