« 戦略の本質は他人と違うことをすること | トップページ | 「小樽の風クルーズ」さんのツアーで「青の洞窟」へ行く »

天塩川周辺の魅力、「PDF版」「フォトレポート」がアップ

20140617_54747

富裕層旅行市場のニーズについて、
よく使われるキーワードに「Off the Beaten Path」があるという。
直訳は「踏まれた道から外れたところ」。
転じて、「あまり行く人がいないが、行く価値のある場所」
という意味らしい。

富裕層は旅行経験が豊かで、月並みな旅行では満足しない。
なので、行き先は観光定番コースより、
あまり知られていないが、かけがえのない体験、感動と驚き
といったことを堪能できる場所が求められる。

インバウンドで言えば、東京=富士山=京都といったゴールデンルートよりも、
地方の方がよりニーズにあった観光素材が潜在力を秘めている。

そんな話題が「トラベルジャーナル」に載っている。


その意味においては、
北海道の地方各地は
「Off the Beaten Path」の宝庫であり、
まだ光が当たっていない
「Off the Beaten Path」
スポットライトを当てることこそ、
ワタシらの役割り。

道北の「天塩川周辺」をテーマに、
昨年来から取組んでいた観光パンフレットが納品され、
かつ、先日、PDF版がアップされた。

同時に、これらを動画風にまとめた「フォトレポート」も、
見ることができるようになっている。


天塩川ものがたり


この企画は、「そこに住む住民が近隣市町村を再発見しよう」
という視点から、お互いのマチを紹介しあう精神により
スポット・お店などが選定されている。

なので、ローカル色満載。
逆に言えば、ハズレがない。

今までは「スルー」されていた地区にこそ、
じっくりと滞在して過ごすことにより
知られざる感動や魅力の一旦にふれられる。

ぜひ、チェックしてみて
実際に体感してみてほしい。



« 戦略の本質は他人と違うことをすること | トップページ | 「小樽の風クルーズ」さんのツアーで「青の洞窟」へ行く »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦略の本質は他人と違うことをすること | トップページ | 「小樽の風クルーズ」さんのツアーで「青の洞窟」へ行く »