« 「江差・松前 千年北海道手形」という企画 | トップページ | 「江差・松前 千年北海道手形」で旅する〜奥尻町編 Aコース »

2回目のサロマ100キロマラソン

2年ぶり、2回目の出場となる
「サロマ湖100kmウルトラマラソン」に行ってきた。

結果からいうと、今回は55キロのレストステーションで
リタイヤとなった。

今年も、サロマのゴールは遠かった。

20140628_16_00_24

土曜日、12時。

内藤先生のクリニックに集合。

駅に鈴木さんをピックアップして、受付会場&スタート地点の湧別町へ向う。

16時、到着。

なにやら気温がものすごく高く驚く。

受付を済ませる。テンションが上がる。

20140628_16_18_36

ウェルカムパーティーに顔を出し、

食事を少々。

20回完走を果たした「ゴールドゼッケン」達成者を表彰していた。

その中に、岩見沢市の能登さんもいらっしゃる。

スピーチをされていた。

その後、宿泊先である紋別市へ移動。

20140628_19_31_04

紋別到着後、ホテルをまちがえるといった笑い話しもありながら、

市内の「はまなす通り」という昭和の雰囲気が漂う通りを散策。

小腹を満たす。

ワタシは禁酒をつらぬく。

ホテルの温泉に入り、21時過ぎには就寝。

翌朝は2:20起きだ。

20140629_4_49_37

当日の朝、3時ホテルのロビー集合。

苫小牧から来ているチームに混ぜてもらうかたちで

バスで会場入り。

腹ごしらえ、荷物預かり、トイレなどを済ませ、

午前5時、高揚感あふれる中、4,000人がスタート。

20140629_7_17_08

通常のマラソン大会と違い、

サロマのウルトラマラソンは、ちょっと雰囲気がことなる。

殺気立った感じがなく、

どことなく朗らかに、みながゆったりとしたペースで進む。

なんか、皆がニコニコしている。

(これから、100キロという想像を絶する距離を走ろうとしているのに、笑)


サロマ湖の最初の折り返し直前に、

ソーラン節の音楽に合わせて太鼓で応援してくれる

地元の高校生がうれしい。

20140629_7_17_59

やがて、20キロ。

もうこのあたりから、雲ひとつない快晴の天気となり、

太陽がギラギラと照り付ける。

すでに暑い、という状態。

20140629_8_30_25

30キロ地点。

ウェストポーチに入れてあったジェルを投入。

気温が高い上に、風が強い。

この後、国道に出て、いよいよ「サロマ」という一本道になる。

20140629_10_01_54

40キロ地点。

基本的に応援は少ないのだが、

ところどころにある集落では、

子供やお年寄りの方が声援を送ってくれる。

ランナーはその声に元気をもらう。

20140629_10_17_40

42.195キロ地点。

以前はここにモニュメントがあったハズだが、

探せなく、通過。

前回はここで、関門1分前だったことを思い出しながら進む。

20140629_11_53_18

ブルーに輝くサロマ湖は、あまりに美しかった。

前回の初回には、景色を見る余裕すらなかったが、

あまりに広く、透き通る空と湖とオホーツク海は、

必死に先を目指すランナーたちのこころをいやす。


20140629_10_54_35

約5キロ地点ごとにあるエイドステーション。

水、ジュース、バナナ、パン、梅干しなどがある。

エイドはうれしい。

もうすでに、暑くてたまらなくなり、

アタマからのかぶり水はもちろん、

帽子をぬらし、タオルに氷をはさめて首に巻く。

熱があるような錯覚を覚えながら、暑さに耐えて進む。

後で聞いたところによると、

気温は28℃くらいにまで上がっていたそうだ。

20140629_12_17_43

向かい風がキツくなり、

前半の最大の上り区間である、50キロの関門を

なんと30秒前にギリギリ通過。

ここを全力に近いスピードで駆け抜けたものだから、

ワタシのヒザ周りがヒーヒー言っている。

歩きを入れながら、55キロのレストステーションへ到着。

ここで、前回の自分を越えた。


この中間点のレストステーションは賑やかなオアシスだ。

ここにはおにぎりもあり、塩をドバッと振りかけて

パクパク食べる。

お い し い 。


結局3つも食べて、水やドリンクも3〜4杯はもらっただろうか。

ホッとして、そばにあったパイプイスに腰を下ろす。

次の60キロ関門まで、時計を見るとあと40分近くある。

キロ7分で行ければ通過はできそうな時間。

けれど、そんなスピードはもはや、ない。

脚はじんじん。それまでの空腹が満たされ、

カラダが動かなかった・・・


結局、今年のサロマは55キロで終わった。

知り合いが何人か

ここにいた。

悔しそうに、リタイヤを語る。


でも、ワタシは不思議と悔しさはなく、

むしろ、やり尽した安堵感の方が強かった。

パイプイスに座って足を投げ出し、

陽にあたって目をとじていたら、

それまで、暑くてたまらなかった太陽でさえも、

「よくやった」と言ってくれているような、

そんな幸福感みちあふれた錯覚さえ覚える。


現実にかえると、「収容バス」というむなしい名前のバスに乗り込み、

リタイヤした選手たちは、ゴール地点の常呂へ送られた。

20140629_16_12_46

ゴール地点で荷物を受け取り、着替える。

そして、久しぶり、そう1週間禁酒を解く、ビールを飲む。

走り終えたカラダに生ビールはしみわたるようにうまかった。

そうこうするしているうちに、

早い選手がゴールしてくる。

ささやかながら、拍手で迎える。

みな、いい表情。

内藤先生も、12時間と少々でゴールに到着。

ブルーゼッケンを付けたサロマンブルー選手は、また1回と

完走を積み上げられた。

この気温の中、まったく素晴らしい。

20140629_18_22_49

帰りのクルマから見た、サロマ湖の夕景。

早朝からの選手の健闘をたたえるがごとく

きれいに西の空を染める。

そんなこんなで、楽しくもツラい(?)

今年1番のメインイベントが終わった。


翌日の新聞によれば、

暑さがこたえたのか、完走率は56.5%とずいぶん低かったらしい。

昨年に比べて、12.4ポイント下がったと書かれていた。


マラソンに「もし」や「だったら」はないが、

曇りで、気温が低かったら、

もっと遠くまで行けたかも・・・


けれど、練習を積み重ね、

禁酒、早起き、といったコンディションニングも上手くいって

この結果だったということを

すなおに受け入れ、

また、なにか他の目標をみつけなければと思った

今回のサロマであった。

エイドはもちろん、

コースへの応援など、

すばらしい環境の中、走らせれいただいた。

ありがとうございました。


« 「江差・松前 千年北海道手形」という企画 | トップページ | 「江差・松前 千年北海道手形」で旅する〜奥尻町編 Aコース »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「江差・松前 千年北海道手形」という企画 | トップページ | 「江差・松前 千年北海道手形」で旅する〜奥尻町編 Aコース »