« 「今を生き抜く! 共同戦線」 | トップページ | 戦略の本質は他人と違うことをすること »

北海道文教大学でのゲスト講師、2コマの授業

Dsc_0499
▲講義の前の、ワンカット

今年も、恵庭市にある、北海道文教大学の
外国語学部日本語コミュニケーション学科で
ゲスト講師として2コマの授業をさせていただいた。

1コマ目は「北海道の地域と文化」という講座で、
ワタシは「観光という切り口から、変化を機会に変える地域資源」と題して、
観光市場における、変化について実例を交えて紹介し、
訪日外国人をいかに受け入れ、
交流・滞在による交流人口を増やすことが、
北海道の地域や全体の経済的な活性化につながるということについて
語った。


2コマ目は「現代社会と経済」という講座で、
ドラッカーについて紹介。
「ピーター・ドラッカーに学ぶ
生きて、働いていく上での羅針盤」と題して、
個人・組織のマネジメントの入り口についてドラッカー思想について
ご紹介した。

いずれの話しも
留学生の方々を中心に、
熱心に聞いてくれていたと思う。

時折り、各自に考えてもらう質問をなげかけたり、
マイクを向けて、自分なりのこたえというものを話してもらった。

大学2年生と3年生が中心だという
授業の受講生たちは、
ワタシにとっては、親子ほども離れている存在になっているが、
ちょっと先を走るビジネスマンの先輩として、
ぜひ、憶えていただければ
この先、きっと何かのたしになるであろうことについて
語ることが、できた。

今年もまた、
若い学生さんたちにふれ、
彼らの前途洋々の人生を想うひと時。

このような機会をいただいた、
玉村さんに感謝申し上げて、
ワタシの話しのいくばくかでも
学生さんたちの心に響けば、

こんなうれしいことは、ない。


« 「今を生き抜く! 共同戦線」 | トップページ | 戦略の本質は他人と違うことをすること »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今を生き抜く! 共同戦線」 | トップページ | 戦略の本質は他人と違うことをすること »