« 松前町で「シェフズクラブ北海道」などが手がけた「夜桜晩餐会」 | トップページ | 経営の原点〜7つの要諦、稲盛本から »

函館観光〜2014年5月

Dsc_0562 ▲函館山からの眺望


函館市内に出張。

ワタシにとって一石二鳥となる、

ランニングをしながら「観光旅ラン」を考えていた。
時間的な制約もあり、函館山方面を目指すことにする。

函館山にはロープウェイやクルマで上ったことがあったが、

自分の足で登るのは、初めて。

調べてみると「登山道」がしっかりとあるらしい。

Dsc_0554
▲函館山の「登山口」

ここから駆け足で登ろう(笑)。

Dsc_0556
▲旧登山道コースを進む

Dsc_0558
▲登山道は途中、観光道路と交差しながらつづく

Dsc_0560
▲山頂が見えてきた

結局、1時間弱で登頂成功。

走って下りてくるランナー3人に出会う。

登って、写真撮って、すぐ下山。

下りは30分もかからず、元町方面へ行く。

Dsc_0569_2
▲函館ハリストス正教会

Dsc_0571
▲チャーミーグリーンの坂、と呼ばれる八幡坂


Dsc_0498
▲新緑に囲まれる五稜郭タワー


Dsc_0497
▲五稜郭奉行所

2010年に復元工事が完了し、公開された建物。

一度、見たいと思っていた。

Dsc_0500_2 ▲金森倉庫群と函館山


函館は、和洋中が混在するエキゾチックな港町。

遠く、世界とつながった名残を多く残している。

が、しかし、

マチの至るところに、歯抜けのように空き地が目立つ。

再び、この地に人や企業などが集まってくるには

どうしたらいいのだろうか・・・

マチを駆け足で走りながら、

そんなことを考えていた。



« 松前町で「シェフズクラブ北海道」などが手がけた「夜桜晩餐会」 | トップページ | 経営の原点〜7つの要諦、稲盛本から »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松前町で「シェフズクラブ北海道」などが手がけた「夜桜晩餐会」 | トップページ | 経営の原点〜7つの要諦、稲盛本から »