« アスパラ狩り体験が露地ものになる | トップページ | 函館観光〜2014年5月 »

松前町で「シェフズクラブ北海道」などが手がけた「夜桜晩餐会」

Dsc_0542
松前町で実施された「夜桜晩餐会」

北海道の春・食・文化が始まる場所、松前城で味わう贅沢な一夜。

道内の洋・中・パティシエなどのシェフらでつくる
「シェフズクラブ北海道」の推進協議会が主催。

南北海道グリーン・ツーリズム運営連合会が共催。

道内各地の食材の魅力を自慢の料理でアピールすることで
北海道の活性化に寄与していくことを目的に、
その第1弾のイベントがサクラが残る松前公園で開催された。

Dsc_0516

札幌を中心に6人のオーナーシェフたちが集まり、
コース料理をふるまう。

シェフたちはこの一夜のためだけに結集し、
食材を吟味し、調理法を考え、仕込みに集中する。

Dsc_0512

会場係は演出に余念がなく、
サクラの名所である松前公園のお堀にまで花びらを散らすきめの細さ。


Dsc_0525

参加者は、札幌や函館などから約30名。
函館からのバスなどで会場入りする。

Dsc_0540

公園内の特設会場では、「道南杉」をつかった
この日のために用意されたテーブルが設置。

特別なしつらえのプレミアム感たっぷりの空間が参加者を待つ。

Dsc_0564

プログラムは、まずは遅咲きの八重サクラなどが咲く公園内を散策。
竹林や、寺町をガイドの案内で歩き、松前神社へ。

350年前から受け継がれる「松前神楽」の奉納を鑑賞。

普段はなかなか入ることができない神聖な場所で、

伝統芸能の舞に、一堂大拍手。

Dsc_0595

食事では、それぞれのシェフ直々にこだわりや調理法などを聞きながら、
サクラの葉を使ったアワビの香り蒸しや、
せたな町の子羊料理。
イチゴのデザートといったコース料理を堪能。

道南の食材の豊かさを、最高の調理・演出で楽しんだ。

Dsc_0603

小雨が降る天候であったが、
ポータブルストーブも用意されたアーチ型のテント内は快適そのもの。

Dsc_0634

料理の最後にはシェフらが勢揃いして、代表からごあいさつ。

Dsc_0609

季節ごとの美しいロケーションのなかで、
地域の食材を含めた観光資源を最大限に活かして
道内各地でこういったイベントを開催していこうとする、
シェフズクラブ北海道。

国内はもとより、
海外にアピールできるすばらしいコンテンツ/イベントだ。

« アスパラ狩り体験が露地ものになる | トップページ | 函館観光〜2014年5月 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アスパラ狩り体験が露地ものになる | トップページ | 函館観光〜2014年5月 »