« 「寿都ファンクラブ」の第1回<鉄道体験>会に行く | トップページ | 北海道内のオーベルジュ、7軒 »

2014年GWのラストの日

2014年のGWの最後は、南幌RUNだ。

自宅を出発し、
まずは、江別東ICを目指す。

すると、同じ方向に進む1人のランナーに出会う。
しばらく併走する。

聞けば、ご近所の先輩ランナー。
昨日の「豊平川マラソン」にも出場したという。

さらに、
10年前には、サロマ100キロマラソンも完走された方。
「今はねえ〜」とおっしゃる、日に焼けた筋骨隆々の先輩は
次の目標は、千歳に出場するという。

こんな出会いも、うれしいかぎり。

お互い、エールを交わしてワタシは先輩ランナーとわかれ、
一人、南幌町を目指す。

道々337号線は、その番号から、
「手拍子街道」と名付けられているが、
浸透はイマイチ。

20140506_9_57_28
▲国道337号線

歩道のない、ちょっとコワい道を進む。
時折、バスや大型トラックに身をちじめる。

20140506_10_10_29
▲夕張川の堤防

岩見沢方面へ進路を変えると、夕張川の堤防道路に出る。
アスファルトの整備された道を進む。

20140506_10_29_06
▲南幌リバーサイド公園

やがて、10K地点にある建物に到着。
ここには、ミシュラン掲載店が入る河川敷の公園がある。
テントを張っている方も2組いた。

20140506_11_22_42
▲南幌「きゃべつキムチラーメン」

進路を西に変え、南幌市街を通過すると
以前行ったことがあるミシュランラーメン店が見えてきた。
南幌ラーメン「きらら」さん。

のれんがかかっていることを確認して、
店内に入る。

迷わず名物の「きゃべつキムチラーメン」を注文。
味は、意外にも濃く辛い。

ランニングで疲れた胃腸に深くしみいる。
つゆをあまり飲まないように自制して、店を出る。

南幌町のきらら街道を進む。

20140506_12_02_48
▲幌向運河

iPhoneのマップを頼りに進むと、
幌向運河が見えてきた。
この道を進めば、やがて、南幌温泉が見えてくるはずだ。


20140506_12_29_31
▲南幌温泉に立つ、「ふきの塔」

観光客気分を盛り上げようと、
温泉に立つ塔に、初めて登る。

高さ18m。
周囲が一望できる。

その後、とぼとぼと走ると約26K。

ヒザの周りが痛くなった。

20140506_143448
▲南幌への、26kコース

GW期間としては、合計145Kであった。

ランニングの距離は稼げなかったが、
いろいろ出張など、
充実した2014年のGWとなった。



« 「寿都ファンクラブ」の第1回<鉄道体験>会に行く | トップページ | 北海道内のオーベルジュ、7軒 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「寿都ファンクラブ」の第1回<鉄道体験>会に行く | トップページ | 北海道内のオーベルジュ、7軒 »