« 外の世界をどれほど変えたのか | トップページ | 初の冬山登山、銭函天狗山に登る »

江別=岩見沢ラン

20140405_181709
江別→岩見沢、20キロコース

江別=岩見沢ランを行う。
国道12号線をひたすら北上。
約20キロを走る。

走り始めは体が重い。
免疫力が落ちているのだろうか。
ぼわーんとした調子ながら、ぼちぼちと進む。

天候も雪から晴れに変わり、
太陽が照らすようになると、汗がふきだしてきた。

ちょうど、5K地点にあるJR豊幌駅の電話ボックス内で、
着ていたジャージを1枚脱ぐ。
背負ってきたリュックの内に入れて走り進む。
やや楽になった。

次のエイドステーションはJR幌向駅。
約8キロ。ここではトイレとドリンクを買う。
この駅には、キオスクがあるとは知らなかった。
便利な駅だ。

一息入れて、再びコースへ。
次のポイントは上幌向駅だ。
ここはスルーする。脚は痛くはないものの、走りは重い。
すると、雪が降ってきた。
通り雨ならぬ、通り雪。
ジャンバーのジッパーを閉め、軍手をはいて防寒体制へ。
ややもして、岩見沢市内へ入るころには雪もやみ、
再び太陽が照ってくる。

国道に掛けられているアオ看板が、
残り3キロであることを告げている。

岩見沢のまちなかでは、信号にストップさせられながらも、
気がつくと、「駅前通り」に到着。
左折して少し進むと今回のゴール地点、JR岩見沢駅が見えてきた。

20140405_15_13_08
▲JR岩見沢駅、アートな駅だ

時間は2時間12分。
だいたいキロ7分ペース。

駅からは札幌行きの普通列車に乗り、
江別方面へと戻る。
が、ひとつ手前の駅で降り、
最後、5キロを走ることにする。

帰りはアゲンストの風に難儀しながら、
走ったり、歩いたり。

なんとか自宅に到着。
すっかりカラダが冷えたことから、
フロにお湯を張って、湯船に沈む。

かなり、脚が張った25Kランとなった。


« 外の世界をどれほど変えたのか | トップページ | 初の冬山登山、銭函天狗山に登る »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

最も信頼できるフルラ 財布 レディース http://bagstore.gncbs.com/furla/
ガガミラノ時計 人気 http://gagashow.theisraeltest.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外の世界をどれほど変えたのか | トップページ | 初の冬山登山、銭函天狗山に登る »