« マイナス11℃の夜のラン装備 | トップページ | スキーモーグルの上村愛子選手 »

和寒町・剣淵町・士別市に行く

Dsc_0519
▲-30℃を記録した、JR塩狩駅の朝

道北は、和寒町・剣淵町・士別市に行く。
「天塩川住民再発見ツアー」の最終回。

この日は気温が低く、マイナス30℃オーバーを経験。
ここまで気温が下がると、数分で顔や耳が痛くなり、
寒さで涙目になることを体感。

最高気温ですら、-14.9℃という、
ワンランク上の(下の?)寒さのツアーとなる。

低い気温とは裏腹に、
人のおもてなしは熱く、
各町で、温かい歓迎を受けた。

2泊3日の再発見の旅では、たくさんの写真を撮影。
見聞きしたことをメモの山とし、
ワタシの仕事はここからがスタート。

写真を選び、説明文章を作り、コピーを添える。

年度末納品の山場となる、2月。
急いで、雑な仕事にならぬよう
ていねいに仕事は進めたい。

« マイナス11℃の夜のラン装備 | トップページ | スキーモーグルの上村愛子選手 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナス11℃の夜のラン装備 | トップページ | スキーモーグルの上村愛子選手 »