« 美瑛=富良野=滝川、のJRに乗る | トップページ | 今週の週次レビュー »

日本、米国、中国の新車販売台数の推移

20140110_13_34_19
▲中国の新車販売初の2000万台を伝える記事

前夜、ゆっくりと湯船につかって風呂に入って寝た朝は、
ぐっすりと寝てしまい、朝8時。
ひさびさ、大きく寝坊してしまい、
おおあせり。

こんな時間まで寝ていたのは、
何年ぶりだろう、という失態の朝。

朝刊にはビックリの統計グラフが載っている。
「日本、米国、中国の新車販売台数の推移」

中国での新車販売が初の2,000万台を越えたという
統計ニュースだ。

日本市場は、ここ数年横ばいで約500万台。
アメリカはV字回復しながら、1,500万台と日本の3倍をキープ。
一方、中国は急激な右肩上がりで、
なんとアメリカを抜去り、2,000万台を越える市場になっている。

記事では、
「一般庶民がマイカーに乗るようになり、
北京や上海などの沿岸部の大都市だけではなく、
内陸の都市でも自動車の普及が進んでいる」
という。

とはいえ、
これでも、「中国の自動車保有率は総人口の1割程度」
にとどまっていると見られており、
「今後も地方都市や農村を中心に市場は拡大しそう」
と推測されるという。

ここ数年間は、まだ中国が市場をひっぱり、
そして、インド。
その後を、ASEAN諸国に市場が移っていくのだろうか。

驚く変化を目の当たりにした、
統計グラフであった。


« 美瑛=富良野=滝川、のJRに乗る | トップページ | 今週の週次レビュー »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛=富良野=滝川、のJRに乗る | トップページ | 今週の週次レビュー »