« 美瑛に行く | トップページ | 元日ハム投手・金村暁氏のトークショーが開催、参加者募集中 »

札幌ビジネス塾12月例会から

Dsc_0486_2

札幌ビジネス塾12月例会に参加する。
本日のゲスト、ナレッジプラザ会員でもある宮脇さんの話しが面白い。

「自分のアタマの中です」という、
ドラッカーマネジメントの実践がまとめられたシートに見入る。

思考・セルフマネジメント→
行動・意思決定→
チーム・マネジャ→
事業(プロセス) と時系列に、
それぞれのテーマやキーワードが書かれている。

ワタシもこうした「アタマの中」を一度書き出して
「ドラッカーの道具箱」を自分なりに整理したいと思った。

第2部は佐藤さんから、
年末にふさわしいテーマ「時間と活動のマネジメント」として
1年をふりかえり、次の1年にやるべきことなどを考える時間。

Q 今年1年を振り返って「なすべきこと」のうち
  良くできたこと、成果につながった活動・仕事は何か?




Q 今年1年を振り返って「なすべきこと」のうち失敗、
  あるいはお粗末な活動・仕事は何か?




これらの質問に自問自答すること自体も大切なことだが、
では、「来年どうしていくか」につなげるという意味で、
方向性、活動を絞るために振り返るということにハッとする。

つまり、
良くできたことは、自分の強みであり、増やす系のこと。

逆にできなかったことは、自分の弱みであり、減らす系のことかもしれない
というのだ。

その上で、
次の1年で集中して取り組むべき活動・仕事は何か?


という問いに1つだけ絞り込んだ活動を決める。
ワタシは3つも項目を書いてしまった。
ここを絞って、集中させ、
「どれくらいの時間を費やすのか、具体的に決めるんです」
「どれだけ時間を投下したのか振り返る、記録することが大切です」
と佐藤さんは指摘する。

自分の使命感があり、
それに基づき、成果にむすびつく、なされるべきことは何か。

●「地方に生きる挑戦者たちの取材から、読み物・物語り風の紹介・応援記事をつくる

ワタシはこの活動に力を注ぐべきなのだろうか。

いいような気がするが、
大丈夫なのか、という不安も残る。

ともあれ、「フィードバック分析」とは
こうして使いのかという、
ウロコが1枚落ちた気がした。


« 美瑛に行く | トップページ | 元日ハム投手・金村暁氏のトークショーが開催、参加者募集中 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美瑛に行く | トップページ | 元日ハム投手・金村暁氏のトークショーが開催、参加者募集中 »