« 晩秋の「塩谷丸山」に登る | トップページ | 変革か死か—NHKスペシャルから »

北海道文教大学でゲスト講師、秋編

恵庭市の北海道文教大学でゲスト講師をしてくる。
6月についで2回目だ。

今回も2コマ。
1コマ目は、「体験観光の変化と事例紹介」。
観光市場の変化と、その要因。
体験プログラムと称される、アウトドアメニューの紹介をする。
そして、人口減少社会の中で、どういったことが求められるのか、
その一端を紹介してきた。

2コマ目は「経営学入門」として、
ドラッカーのことをお話した。
題して「ピーター・ドラッカーに学ぶ、
生きて、働いていく上での羅針盤」
個人・組織のマネジメントの入り口として、
ドラッカー山脈のほんの一部分を紹介した。

・成果をあげるための5つの能力とは?

・何によって憶えられたいか?

・企業の目的は何か?

・経営者のための5つの質問

などなど。

学生の皆さんは比較的真剣に聞いてくれていたように思う。
聞けば、3年生が多く、
就職活動の本番直前の時期だそう。

貴重で、2度とない学生生活。
充実した時のために、ワタシの話しが少しでもお役にたてれば
うれしい。

« 晩秋の「塩谷丸山」に登る | トップページ | 変革か死か—NHKスペシャルから »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋の「塩谷丸山」に登る | トップページ | 変革か死か—NHKスペシャルから »