« 旭川へ出張 | トップページ | 「北海道16の自転車の旅」を読む »

「観光まちおこしに成功する秘訣 〜成果を上げるための処方箋〜」 渡辺千賀恵著を読む

131112_8_10_51

「観光まちおこしに成功する秘訣
〜成果を上げるための処方箋〜」
渡辺千賀恵著を読む。

その中で、「どうしたらリピーターを増やせる?」という章が興味深い。

観光客は、飽きやすく、移ろいやすい。
そのため、新しいものが生まれると、既存のものは忘れ去られるという。

しかし、
実際には、何度もその地に訪問するというリピーターは確実に存在する。

そこで筆者は、
観光地にリピーターが発生する要因は少なくとも次の3つがあると指摘する。

1)豊富な観光素材(1回ではとても体験できなかった)
2)私的状況の変化(来客自身の状態が変わった)
3)観光素材の変化(新鮮な意味付けが加わった)

この中で、コントロールができるのは、
3番目の観光地自体の変化だ。
新しい演出、魅力づけなど、常に新鮮な部分をアピールする。

ある地域では、リピーターを3つに分けて戦略を練っている。
1)ビギナー →初めて来た客
2)リターナー →久しぶりに来た再訪者
3)リピーター →何回も来ている人

別府市の場合、ビギナーは18%、リターナーは48%、リピーターは34%
だという。
そうすれば、より具体的な目標が明らかになる、
と、筆者は説明する。

ある意味、ターゲットのセグメンテーションの一種。
細分化して、よりニードにあった有効策を打ち出す。
大切な視点だ。

« 旭川へ出張 | トップページ | 「北海道16の自転車の旅」を読む »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旭川へ出張 | トップページ | 「北海道16の自転車の旅」を読む »