« 千歳市の「ファーム花茶」さん | トップページ | 「さっぽろ広域圏ウォーキングラリー」の江別ウォークに参加 »

再び、恵庭岳へ挑む

予定していた取材が急きょキャンセルになり、
ぽっかり空いた土曜日。
久しぶりに完全オフにしようか、などと思っていた。
しかし、ふと、新聞の天気予報欄を見ると、
晴れマークがズラリと並んでいる。
「快晴で行楽日和の・・・」らしい。

これは、チャンスと思い、
先日の撮影ができなかった
「恵庭岳からの支笏湖撮影」に出かけようと
予定を変更。

朝、5時半出発。
7時5分登頂開始。

スタート時は、やや薄いもやがかかったような天候。
目指す恵庭岳の山頂には、背後から雲が流れており
見えたり、見えなかったりするような状態。

「だいじょうぶかなあ〜」と内心不安になりながら、
1人、山道を進む。

約1時間半後、
第一見晴台に到着。

Dsc_0483
▲第一見晴台からの展望


多少モヤがかかっている空気感ながら、
なんとか支笏湖を撮影するすることができた。

ひきつづき、
9合目である暫定山頂を目指す。

Dsc_0502
▲半分雲に隠れた支笏湖

第二展望台までは、約20分。
風が強く吹いている。
その風に乗って、雲が西から押し寄せている。
湖の全景はまたも顔を見せなかった。

山頂へも行ってみたが
状況はさらに悪化。
時折、札幌市内方面はキレイに見えるのだが、
肝心な支笏湖はまったく雲の中であった。

Dsc_0500
▲かろうじてちょっとだけ支笏湖が見えている

「次回、また挑戦せよ、ということなんだなあ」
と、思うことにして、長い下りをぼちぼちと。
11時20分無事下山した。


ところで、
帰宅してネットを検索していたら
世の中にはスゴい人がいるもので、
すんごい山行記ブログが載っていた。

富良野岳から旭岳までの24時間縦走
・羊蹄山を1日で4往復登山


支笏湖5山巡り(1日で)

苫小牧の海からスタートし歩いて藻岩山登山をする

などなど、
尋常ではないスゴいチャレンジをしている人らを発見。
ブログを読みふけってしまった。

ブログの主は「ぴよしろう」さんという方で、
なにやら北広島に在住の50歳代のようだ。

夜中に出発して、寝ずに山に登り、
途中、「麦汁」と称しているビールを何リットルも飲みながら
登り、歩き、ジョグをされている。

この方のチャレンジには、ほんとうに驚いた。
(そして、すごすぎて、笑った!)


ワタシも、サロマ100キロマラソンに挑んでみたり、
24時間走というマラソン大会に出場してみたり、
普通の人からみると、
ちょっと逸脱した分野に足を踏入れてしまった感があるが
更に上を行く人たちがたくさんいるということを知る。

こういった人たちは、
ニュースや一般の話題に
なかなか上がることはないが、
ネット社会になり、
だれもが情報発信を手軽にできるようになった昨今、
「市井の人のスゴい挑戦」を知れるようになった。

いい刺激を得られる、いい時代になったものだ。


« 千歳市の「ファーム花茶」さん | トップページ | 「さっぽろ広域圏ウォーキングラリー」の江別ウォークに参加 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 千歳市の「ファーム花茶」さん | トップページ | 「さっぽろ広域圏ウォーキングラリー」の江別ウォークに参加 »