« 「天塩川住民再発見ツアー」に同行する | トップページ | 「実現が望ましいこと」とは »

月刊タウン誌「O.tone」

北海道の出版社を紹介するコーナーで、
あるた出版さんが載っている。

月刊タウン誌「O.tone」は、
「編集部が情報を選ぶのではなく、
札幌で暮らす40代以上の大人のリアルな声をもとにしたいと考えた」
そうだ。

その方針のもと、
「札幌にはこんなにおもしろい人がたくさんいる。
そのことが伝われば、街が元気になると感じている」という。

雑誌は、グルメ情報が第一特集。
加えて、旅・音楽・映画などの記事で構成される。

読者層は、当初「大人の男性」としたが、
現在は、男女比6:4、
年齢も20〜80歳代と広い。

目標は、
「読んだ人が幸せな気持ちになり、
バックナンバーもとっておきたくなる雑誌」だという。

平野たまみ編集長らが、
街を活性化させる。


« 「天塩川住民再発見ツアー」に同行する | トップページ | 「実現が望ましいこと」とは »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「天塩川住民再発見ツアー」に同行する | トップページ | 「実現が望ましいこと」とは »