« 「致知」10月号に佐藤等さんが掲載される | トップページ | どんな仕事をし、何を大切にしてきたか »

支笏湖へブルーバック・大中さんガイドの取材

Dsc_0485
▲ポロピナイ湖畔

支笏湖に取材へ行く。
ブルーバック・大中さんガイドの「支笏湖フィッシング体験」。

水温が高い夏場は魚影が薄いそうだが、
春と秋は、トラウト・ニジマス・ウグイ・アメマスなどが釣れる。
支笏湖ではブラウンの日本一の記録、96センチというのがあるそうだ。

つづいて、
「恵庭岳登山」へ。
標高1,319.7mの噴煙上がる活火山へ登る。
大中さんは大学時代から山岳部という、筋金入りの山男。
北海道の山は「ほぼ全部登っていると思う」と話し、
富士山はもちろん、ヒマラヤへも遠征したという実力の持ち主。

ご本人は謙遜しているが、頼れる山のガイドだ。

天気予報の晴れマークを探して、取材日を伸ばしていただき
この日に決定したのだが、
登るにつれ、視界が悪くなってくる。

Dsc_0555_2
▲雲が切れたわずかな隙間から見えた支笏湖

7合目の第一見晴台では、すっぽり雲の中。
撮影は断念。
写真はお借りすることにした。

恵庭岳は中級レベルの山で、往復6〜7時間を要するが、

支笏湖には、初心者でも楽しめる「樽前山」の登山コースもある。

こちらは7合目から登った場合、約1時間で山頂に立て、

眺望もすこぶる良い山。

いずれも、大中さんのガイドで安全に楽しく登りたい。

・ブルーバック 電話0123-22-6216


« 「致知」10月号に佐藤等さんが掲載される | トップページ | どんな仕事をし、何を大切にしてきたか »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「致知」10月号に佐藤等さんが掲載される | トップページ | どんな仕事をし、何を大切にしてきたか »