« メンタルと肉体的能力 | トップページ | 北海道マラソン参戦記 »

当別に家具工房「旅する木」さんを訪ねる

Dsc_0545

当別町の廃校を利用した家具工房「旅する木」さんを訪ねる。
工房は、旧東裏小学校の体育館。
札幌市東区から移転して、5年。
丁寧なものづくりの現場に立ち会う。

ここでは、仕事の合間をぬって、
一般の方を対象とした「木工体験」も行われている。
写真の「まるスツール」を作る体験は、4時間コースだ。

Dsc_0581
▲美しくも、頑丈なスツール。

仕上げに使うオイルは、地元で採れる亜麻を使用。
「乾きに時間がかかるけれど、天然素材が一番」と、
工房を主宰する須田修司さんは語る。

Dsc_0608
▲ショールームも元は教室

「一生使える」という豊かさをコンセプトに
家具を生み出していく「旅する木」さん。

小学校の校舎が発するなんともいえないノスタルジーとあいまって
家具たちが、みな、やさしく見えた。

土日のみ営業の、カフェコーナーも併設。
ゆるやかな時間の流れを感じることができる。

・当別町東裏2796-1
・電話 0133-25-5555


« メンタルと肉体的能力 | トップページ | 北海道マラソン参戦記 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メンタルと肉体的能力 | トップページ | 北海道マラソン参戦記 »