« がんに打ち勝ったサロマ完走ランナー | トップページ | 「地域旅」のモニターツアーに参加する »

読書マラソンも折り返しを過ぎて

「実践するドラッカー」本を使った読書マラソンも、
参加者のみなさんと、清水さんらに助けられ、
折り返し地点を過ぎ、
後半戦に突入している。

今回は「事業編」の中から、第4章、第6章、第7章を進む。

・イノベーション=新しい満足=新結合
・企業は必要なときに必要な変革を行ってきたからこそ、生き残ってきた
・あなたの組織の最近のイノベーションはいつですか?
・事業が成功ないし安定している時にこそ、変革に挑戦すべきもの
・体系的に廃棄を行い
・継続的に改善を行い
・成功の追求を追求する

・本質的な差別化要因は、サービスや製品を生み出す仕組みにある
・あなたの組織の、きわだって優位にある知識は何か?
・どのような活動、どのような行動を増やせばより卓越性が高まるか
・あなたの組織で真に重要な活動とは何か?

・イノベーションのためには、打席に何回も入ることが重要
・変革は未来を賭ける日常の仕事
・年に1度は非生産的になった事業の廃棄を検討する


ここらあたりも、重要なポイントがいくつも出てくる部分だ。
イノベーション≒新サービス
常に、新しい価値を付け加えているか。

「既存のものは古くなる」がゆえに、
新しさ、創意工夫がないととたんに倒れる。

折しも6月という1年の前半戦が過ぎた。

●仕事の廃棄リストをつくり、

●真に重要な活動リストを整備し、

●この半年で上手くいった活動のカイゼン策を考える


ちょっと、給水ポイントで立ち止まり、考え、
再び走り出す方が、ロスは少ない。

今一度、
水分、塩分、エネルギーを上手く補給しよう。





« がんに打ち勝ったサロマ完走ランナー | トップページ | 「地域旅」のモニターツアーに参加する »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がんに打ち勝ったサロマ完走ランナー | トップページ | 「地域旅」のモニターツアーに参加する »