« 「最初はダメ話」を集める | トップページ | 北海道の観光振興について思うこと »

商店街の抱える問題

130711_6_03_31

▲商店街の抱える問題(2012年度 中小企業庁まとめ)

いわゆるマチの「商店街」の衰退が激しい。
ワタシもココロを痛めている問題の一つだ。

我がマチ江別も、JR江別駅前の商店街は、
気がつくと、崩壊している。

シャッター通りを過ぎて、
アーケードがとりはずされ、
住宅や空き地に変わっている。

とても、さびしい。

大型商業施設や、インターネット販売との競合。
人口減少の本格化など、地域の商店街が置かれる状況は厳しい。

商店街の抱える問題が、新聞に掲載されていた。
そのトップは「後継問題」。
経営者の高齢化による後継者がいない、という問題だ。

一方で、様々な取組によって工夫を重ねる商店街もある。

・日曜軽トラ市
・100円商店街
・食べ歩き飲み歩きのバル街
・アイスキャンドル祭り
・桜まつり
・夏祭り
・歳末大感謝セール

商店街が担える役割りとして、
・地域コミュニティの核として、ふれあいや出会い
・大型店にはないきめ細かなサービス提供
・高齢者配慮や防災などの地域活動

個別のマーケティング力を高めるとともに、
イノベーションをいち早く推進し、
全体としての力を集結して、活気をつくり出していってほしい。

« 「最初はダメ話」を集める | トップページ | 北海道の観光振興について思うこと »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「最初はダメ話」を集める | トップページ | 北海道の観光振興について思うこと »