« 北海道の観光振興について思うこと | トップページ | 「札幌30Kラン」の応援にモエレ沼公園へ、自転車で往復! »

三角山→大倉山→円山→藻岩山。札幌市内縦走登山ラン

久しぶりに、内藤先生との練習会を行う。
JR札幌駅に7:15に集合。

今回は、ここから走って、
市内の山々を登って駆け巡ろうというコース。
マラソン+登山、だ。

北1条通りを西方面へ進む。
まずは三角山を目指す。
途中のコンビニで、おにぎりと水を購入。
リュックに背負う。
130714_8_32_06
三角山山頂。
標高311.07m。
市内の眺望がすばらしい。

山頂で、おにぎりを1個補給。
しみいるようにおいしかった。

三角山の尾根を縦走すると、
やがて大倉山に到着する。
130714_8_53_29
観光客はリフトで上がってきて、
リフトで降りていくが、
我々は、あくまで自分の足で進む。

ジャンプ台のちょっと上から、遊歩道を下る。
レストハウスで、トイレ休憩と水を補給。

ここから宮の森の一般道を走り次の山を目指す。
このあたりで約2時間が経過していた。

130714_9_44_16
円山野球場、円山動物園を横目に見ながら、
3山目である円山を目指す。

やや、筋肉が張ってくる。
山頂では、持ってきたバナナを食べる。
補給が完了したら、そく下山。
円山西町方面へ下り、高級住宅街に驚きながら坂道を進む。

一般道を下ると、
今度は、旭山記念公園を目指す。
下りが一転、上りへ。

今回のハイライト、旭山記念公園にある藻岩山の登り口へ。
ここにも、トイレと水があり、
都会の登山はなんて快適なんだろうと
ありがたく、ペットボトルに水をいただく。

ここからラスト、標高531mの藻岩山を目指す。
足はかなりキツくなってきた。
この旭山記念公園コースはアップダウンがけっこうあり
こたえる。
慈恵会コースの合流点である馬の背あたりからは、
登山者や、ファミリーなど多彩な方々が増える。

最後の登りはかなりキツかったが、
なんとか登頂成功。
130714_11_33_12
ここでも、ロープウェイで上ってくる観光客に混ざって、
ハアハア、ゼイゼイと汗だくになっている我々は異質な存在だ。

ここまで、約4時間が経過。
2つ目のおにぎりを投入して、下りへ向かう。

慈恵会コースへ下り、
坂道を走り、ようやく普通の道に出る。

南9条通りを東へ進み、ススキノを越えたあたりで
内藤先生と分かれた。

ここまで23キロと言っていたので、
全行程では、約25キロくらいだろうか。
6時間カラダを動かしつづけた。

三角山→大倉山→円山→藻岩山。

札幌市内縦走登山ラン。
キツくも、楽しい充実した練習となった。


« 北海道の観光振興について思うこと | トップページ | 「札幌30Kラン」の応援にモエレ沼公園へ、自転車で往復! »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道の観光振興について思うこと | トップページ | 「札幌30Kラン」の応援にモエレ沼公園へ、自転車で往復! »