« ラベンダー | トップページ | 今月、われわれは外の世界をどれほど変えたのか »

定山渓で豊平川の支流キャニオニング

定山渓へ「キャニオニング」の取材に行く。
Dsc_0575
キャニオニングとは、渓流下りのこと。
ウェットスーツを身に付け、カラダ一つで渓流に流されながら下っていく。
いわば、天然のウォータースライダーを楽しむツアー。

Dsc_0601
流れのゆっくりとしたところでは、フワフワ浮かぶように。
早いとことでは、スリリングに。
そして、水量が浅いところは歩いていく。

Dsc_0716
激流に変化するポイントでは、ボードを使ってスリル満点に下る。

Dsc_0805
ツアーの最後は、約5メートルくらいのところから大ジャンプ!
ドボンと川に飛び込む。

こんな楽しい遊びを提供するのは、ニセコに本拠地がある「ノーアスク」さん。
ニセコ、トマム、鵡川などでラフティングやこのキャニオニングツアーを催行する。

今回の取材は、定山渓は豊平川の支流の上部。
札幌国際スキー場の近くを流れる部分で遊ぶ。

暑い夏はいっそう爽快な、定山渓豊平キャニオニングだ。


« ラベンダー | トップページ | 今月、われわれは外の世界をどれほど変えたのか »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラベンダー | トップページ | 今月、われわれは外の世界をどれほど変えたのか »