« 読書マラソン、3回目を継続中 | トップページ | 歩歩是道場 »

大沼公園への出張

大沼公園を一大観光地に持つ、道南の七飯町に行く。
「七飯町観光地域資源ブラッシュアップ事業」の一環。
事業をより効果的にすすめる上での、
いわば、講習会の講師として、
これまでの同類の仕事のエッセンスをお伝えした。

第一部は、宝島旅行社の鈴木宏一郎さんから
「住んで良し、訪れて良しの観光地域づくり
〜七飯町の地域DNAを考える」として1時間。

第二部をワタシが担当。
「伝える!表現&取材の技術
〜七飯町の情報発信力向上のために」として
2時間の枠をいただき、講習した。

大沼公園は、秀峰・駒ヶ岳がデンとすわり
日本庭園を思わせるような数々の沼の景観がすばらしい、
北海道でも早くから観光客で賑わったところだ。

付近には、このすばらしい景観が気に入り、
別荘はもとより、ついのすみかとして移住される方も多いという。

しかし、大型バスが乗り入れる団体旅行の減少といった
市場の変化への対応が遅れている。

個人・グループ向け、滞在型、着地商品といった
従来路線からの脱却を図ろうと奮闘している。

JRで札幌から約3時間。
駅前に降り立つと、時間の流れがちがうことを感じる。
ゆるやかに、
数十年まえにタイムスリップしたかのようだ。

今回の出張は、残念ながら日帰りでトンボ帰りしたが、
今度は、このゆったりとした流れに身をまかせてみたい。
そんなことを思いながら、17:31の札幌行きの特急に乗った。




« 読書マラソン、3回目を継続中 | トップページ | 歩歩是道場 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書マラソン、3回目を継続中 | トップページ | 歩歩是道場 »