« 北海道文教大学でのゲスト講師 | トップページ | 「実践するドラッカー読書マラソン」、4回目 »

長期計画ではなく、戦略計画を

ドラッカーはいう。

「未来は、望むだけでは起こらない。
そのためには、今意思決定をしなければならない。
いま行動し、リスクを冒さなければならない。
必要なものは、長期計画ではなく、
戦略計画である」。
(「マネジメント」37P)

経済活動とは、現在の資源を未来に、
すなわち不確実な期待にかけることだという。
そのため、
「不確実な明日のために、
今日なにをなすべきか」を問えという。

その上で、
「最善の戦略計画さえ、
仕事として具体化しなければ、
よき意図にすぎない」という。

やらないことを決め、
時間をより有効に使うことができるような
目的を絞った計画をつくろう。

それを、いつやるか?
・・・でしょ。


« 北海道文教大学でのゲスト講師 | トップページ | 「実践するドラッカー読書マラソン」、4回目 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道文教大学でのゲスト講師 | トップページ | 「実践するドラッカー読書マラソン」、4回目 »