« 一日が一生の縮図 | トップページ | 多忙が重なり・・・ »

愛用であり必須の道具、アカペン

130607_6_18_52

僕らの業界の必須であり、ワタシが愛する道具たち。
その代表格は「アカペン」だ。

先日、そんな話題になった。

アカペンは、水性タイプがいい。
さらさらと書ける。

このアカペンは、「アカ入れ」という校正作業に必須の道具。
入社以来、新人のころからクロとセットで使っている。

スーツの内ポケットにしまうクセから、
いつも、インクがついていたことを思い出す。

多くの広告原稿がデジタル化され
「版下(はんした)」というアナログがなくなった今も、
このアカペンは健在であり、必須の道具だ。

ずっと愛用しているのは「ZEBRA」社の細字タイプ。
これじゃないと、なんだかイヤなのだ。

クロペンは、ずっとセットのものを使ってきていたが、
こちらは、近年ゲルインクのものが書き味がよく
シフトしている。

これにシャープを加えて、ワタシの書くもの3種の神器。

ノック式のカチッと押すタイプのボールペンは、なぜか好きになれない。
時々、もらいものを含めて使ってみるけど、
いつのまにか、もとのタイプに戻っている。

この先も、ずっと使うことになろう、
アカペン、クロペン、シャープペンシル。

こと、アカペンには変わらぬお世話になりそうだ。




« 一日が一生の縮図 | トップページ | 多忙が重なり・・・ »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一日が一生の縮図 | トップページ | 多忙が重なり・・・ »