« 6月のスタート | トップページ | 6月の「札幌ビジネス塾」 »

われわれのミッションは何か

「実践するドラッカー利益編」第2章は、
われわれのミッションは何か、である。

ミッション。
目的、使命、役割、存在意義、クレド・・・
経営理念、信条、哲学が書かれたもの。

外に対しては、信頼を高める道具。
内に対しては、価値観を共有するための道具。

意思決定と行動は、損得ではなく、ミッションに忠実であるかが問われる。

ミッションと事業=目的と手段の関係にある。

成果はミッションから導き出される。
ミッションを羅針盤として、得るべき成果を理解したときはじめて、
「なすべきことは何か」という問いに対する答えを得ることができる。

ワタシは、
「道内の新しいスタイル・アウトドア活動を広め、
地域への集客活動から経済価値へつなげる」

これをミッションとしている。

著者・佐藤さんからの問い。

・そのミッションは正しい行動をもたらすか?

・そのミッションは利益に結びつくか?

・そのミッションは組織を一体化させるか?


あらためて検証せねばならない。


« 6月のスタート | トップページ | 6月の「札幌ビジネス塾」 »

「できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月のスタート | トップページ | 6月の「札幌ビジネス塾」 »