« 羊ケ丘展望台、11年ぶり入場者数増39万人に | トップページ | 海につづく道 »

「倦むことのないプロセス」

130419_6_17_33

ドラッカーの著作の中には、「図」がほどんど出てこない。
唯一、といってもいいのが、上記の図。
「経営者に贈る5つの質問」の中にあるものだ。

この本の巻末に、ことばの定義がある。

【ミッション】 あなた方の活動の目的、存在理由、それをもってして憶えられたいこと。

【ゴール】 基本的な方向づけを与える複数の目標

【目標】 ミッションの達成度をはかる、具体的・測定可能な指標

【アクションプラン】 目標達成のための詳細な計画、緻密で常時修正

【予算】 実行のための資源の投入計画

【評価】 目標達成の進捗状況


ここの図の中には出てこないが、
こんなことばの定義もある。

【顧客】 満足させるべき人たち

【ビジョン】 実現を望む未来の姿

企業活動やマネジメントをおこなうためには、
ミッションからはじまる、この循環を意識せねば上手くいかないと
ドラッカーはいう。

いきなり「目標」のことだけを考えても、
それは意味がないという。

目標の前には「ゴール」があり、
ゴール設定は「ミッション」に基づいているものでなければ
いけない。

本では、これらの循環することを
「倦むことのないプロセス」
と、表現している。

あなたの組織・チームでは、
これらの項目について、きちんと定義がされているだろうか。
明文化されているだろうか。

お互い、たえずチェックして
有効な活動へとつなげていきたい。


« 羊ケ丘展望台、11年ぶり入場者数増39万人に | トップページ | 海につづく道 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羊ケ丘展望台、11年ぶり入場者数増39万人に | トップページ | 海につづく道 »