« 計画とは、手帳の空欄を埋めておくこと | トップページ | 「一日も無駄にできぬ」というコピー »

「観光を切り口にしたまちおこし〜地域ビジネスの進め方」 を読む

130403_7_28_36

北海道大学の特任教授であられる臼井冬彦先生と、
富士通総研の共著
「観光を切り口にしたまちおこし〜地域ビジネスの進め方」
を読む。

まちおこしの活動が、なぜ継続できないのか。
「観光を触媒に地域ビジネスを」
その理論と実践を解説した1冊だ。

新しい観光の動きにもとづき、
地域の価値や役割を見いだし、
地域全体に利益が還元される仕組みとしかけを
実践具体例から解説。
行政マン、まちおこし関係者の必読の書となっている。

第1部は理論編。
観光を切り口にした、まちおこし・地域ビジネスの概論につづき、
従来と異なる観光の、その考え方を説く。

その上で、
マーケティングの理論に照らし合わせた
地域ビジネスの要諦を解説する。

第2部は実践編。
ニューツーリズムを取り巻く現状から、
道北は留萌市と、
道南の知内町での2つの取り組みを紹介する。

地域振興の手段としての観光振興を命題とし、
観光を切り口にしたまちおこしのプロセスを、
マーケティングプロセスをモデルにしながら
課題や問題を挙げる。

臼井先生は、
「観光は本質的に『幸せ産業である』といえます。
別のいい方をすれば、観光は『人に夢を与える産業だ』ということです。
地域ならではの地域発の観光ビジネスが継続するということは、
地域の人たちに誇りと希望をあてるだけではなく、
顧客である観光者に対しても夢を与え続けているという、
夢のようなビジネスだともいえます」という。

あとがきでは、
「紹介した事例と、解説したプロセスモデルに従って、
小さいながらもトライ・アンド・エラーに取り組む仲間が
増えることを期待しています。
また、その試みを共有しながら、
お互いのスキルアップとノウハウの蓄積を
継続していきたいと考えています」と述べている。

ビジネスの本質が、継続性の維持という点にあれば、
環境の変化に対応できる企業のみが生き残れるのであり、
地域間競争という事実を考えれば、
その変化に対応できる地域のみが生き残れるともいえる。

〜「観光」を切り口にしたまちおこし〜

発行は日刊建設工業新聞社
発売は相模書房

このテーマに関心のある方と、共有したい一冊だ。




« 計画とは、手帳の空欄を埋めておくこと | トップページ | 「一日も無駄にできぬ」というコピー »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 計画とは、手帳の空欄を埋めておくこと | トップページ | 「一日も無駄にできぬ」というコピー »