« ドラッカー学会からの年報が届く | トップページ | 「空知産ワインを知るセミナー」が開催される »

ここ数年の歩みから

ちょっと、自分の、これまでを振り返ってみたい。

ワタシは2006年の10月に前の会社での雇用形態を変えてもらった。
その会社のメインクライアントの危機が訪れ、
方向転換を余儀なくせざる得ない状況下であった。

社長のご好意により、半年間の助走期間をいただき、
2007年7月、独立。
慣れ親しんだ事務所を離れ、
ひとり自宅のコーナーで仕事を進めることにした。
この助走期間の間、4月義父が逝く。

2008年の1月には、義母も逝き、留学生のホームステイを受け入れる。
札幌広域圏の「体験ガイド」を取材・制作。
専門学校での授業がスタート。
9月のリーマンショックの後、ワタシも危機的状況に陥る。

2009年、全道の農村調査。
4月「まるっとおでかけ観光ガイド」サイトの運営がスタート。

2010年、APECパンフレット取材・制作。
4月札幌市の公式観光サイト「ようこそさっぽろ」の運営を引き継ぎ、スタート。

2011年、上記2つのホームページサイトを運営しながら、
全道雇用調査、宗谷管内を巡る仕事などを行う。

2012年、北海道新聞での連載コーナーがスタート。
まるっとおでかけサイトは「地域旅」を主に紹介するサイトへリニューアル。


もちろん、
上記以外にも、葬儀会社の広告や、スポットのプロジェクトなど
いろいろな業務をいただいている。

けれど、振り返ってみた時、
やはり「体験ガイド」作成の仕事が、
一つの大きなきっかけになっていたように思う。
その後の展開は、自分でも驚くほどであり、
まったく予測などしていないものであった。

人との出会い。
ひととのご縁が、ワタシを導いていただいている気がする。

来年も、5年後も10年後も
はたしてどうなっているか、全くわからないが、
人との出会いと想いを大切に、
今日の仕事を全力で、ていねいに仕上げることを第一に、
進めていきたい。

それ以外に、道が開けることはないのかもしれない。


« ドラッカー学会からの年報が届く | トップページ | 「空知産ワインを知るセミナー」が開催される »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラッカー学会からの年報が届く | トップページ | 「空知産ワインを知るセミナー」が開催される »