« 12月の「札幌ビジネス塾」は、「公開読書会」 | トップページ | 計画とスケジュールの違い »

札幌市円山動物園の「アジアゾーン」がオープン

Dsc_0531
札幌市円山動物園の新しい施設「わくわくアジアゾーン」のオープンに行く。
「寒帯館」・「高山館」・「熱帯雨林館」の3棟から構成される。

Dsc_0485
アムールトラの「タツオ」。
動き回るその様子は迫力がある。

Dsc_0545
高山館にいる、レッサーパンダ。
室内では、渡り木の上を歩く様子が観察でき、外ではこうして雪の中を動き回る様子が見られる。

館内の特長は「生息環境展示」だ。
動物が本来生息している自然環境をできるだけ再現した上で、
かつ、人間からも観察しやすいよう工夫がされている。

屋内からも充分楽しめる。


« 12月の「札幌ビジネス塾」は、「公開読書会」 | トップページ | 計画とスケジュールの違い »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月の「札幌ビジネス塾」は、「公開読書会」 | トップページ | 計画とスケジュールの違い »