« 「ドラッカーに学ぶ自分の可能性を最大限に引き出す方法」 その第2章 | トップページ | 2013年、始動 »

2012年の年末

2012年が終わる。
今年はどんな年であっただろうか。
振りかえりつつ、ワタシの10大ニュースを列記してみる。

1)北海道新聞での連載コーナーを担当(記事提供)
2)手帳を、年の途中からA5版システム型マンダラ手帳に切り替える
3)サロマ100キロマラソンに挑戦
4)月朝、宝島社さんにMTGに定例参加
5)パソコンをマックに変更
6)被災地に行くことができた
7)地域旅の取材・レポート
8)子どもらが高校生へ、我が家の生活が一変する
9)佐々木さん、林さんなどの訃報
10)この1年も札幌圏の魅力を取材しPRする

順番に、そう意味はない。
継続と変化でいうと、継続ごとが多い割合静かな1年であったように思う。
   
   *

仕事場では、年末大掃除を慣行する。
せまい一角ながら、ゴミが4袋も出た。
書籍や雑誌など100冊近くを、ブックオフへ出した。

掃除のコツとして、ネットでこんなことを知る。

・迷ったらゴミ
・使えるか、ではなく「使っているか」
・古い化粧品は女を古くする
・全部捨てたら未来だけが残る
・思い出の品を捨てても、思い出は消えない
・過去を捨てなくては、未来の場所がない
・服があるから福が来ない、紙があるから神が来ない
・心の隙間をゴミで埋めるな、言い訳するより振り分けろ
・明日は明日のゴミが出る


« 「ドラッカーに学ぶ自分の可能性を最大限に引き出す方法」 その第2章 | トップページ | 2013年、始動 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ドラッカーに学ぶ自分の可能性を最大限に引き出す方法」 その第2章 | トップページ | 2013年、始動 »