« 「一番ではなく、一流を目指せ」 | トップページ | 「後期近代のモノ離れ」論 »

マンダラチャートへのまとめかた

1
ワタシは何の仕事に集中して取り組まねばならないか。
今一度、整理してみた。

その結果、「鍛え続ける積み重ねプロジェクト」として4つのことにたどり着いた。
1 札幌と広域圏の移動体験消費(おでかけ)ネタ・ニュースの取材
2 道央圏のアウトドア情報の収集
3 集客・増客に関する悩みの解決
4 互恵関係メディアの開拓

それ以外に、5つのやりたい自分ごとプロジェクトに切り分けてみた。

と、ここまで、頭でもやもやしていたことが、
ずいぶんと、すっきりした。

やるべき(=時間を費やす)方向性がハッキリとした。

でも、箇条書きスタイルにまとめられた文言は、
なにか「バランスの悪さ」を感じていた。

そんな時、ある本に書かれていたことを触媒に、
マンダラ式に再構成してみることを、ふと、思いついた。
Photo
それがこのノートに書き移したものだ。

・体力(=健康)
・仕事
・経済
・家庭
・社会
・人格
・学び
・レクレーション(遊び)
この8分野に、前述の箇条書きでリストアップしたものをはめ込んでみた。
その上で、数字的な目標数値を入れてみた。

多少のムリはあるものの、みごとにハマった。
自分がやるべきこと、やりたいことに囲まれ、かつその重みづけも数値でわかるようになった。

もちろん、今までもこのマンダラシートを使っていた。
「人格」のマスには、「人格を高めるために何を目標としようか・・・」
などど、多少ムリヤリ的なことを考え、考えたことを記入していた。

しかし、今回のは違う。
そういった人格、学びなどのワクにとらわれずに、
リストアップした項目を、
逆に、そのワクにはめていったのだ。

すると、なんとも自分らしいマンダラチャートになったような気がする。
バランス良く、進行方向が見えた気がする。
他人から見たら、なんのこっちゃ? なのだろうが、それでいい。

このチャートを指針に、1ヶ月・1週間をデザインして進む。

しばらく、このスタイルで行こうと思う。





« 「一番ではなく、一流を目指せ」 | トップページ | 「後期近代のモノ離れ」論 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「一番ではなく、一流を目指せ」 | トップページ | 「後期近代のモノ離れ」論 »