« 定山渓の豊平川でカヌーを楽しむ | トップページ | 豊平峡ダム »

販促カード、切り札100 1

販促。
「販売促進」を短くして、こう呼ばれることが多い。
いわゆる、セールス・プロモーションのことだ。

お客さんを集め、買っていただくために、どうしたらいいのか。
その「カード」について不定期ながら、アップしていきたい。
目標は100個。

その1は、
「名刺を見直す」。

名刺。
主に92ミリ×55ミリの、小さなカードのこと。
社長から新人さんまで、対外的なセクションに所属している方ならば、必ず持っているツールのひとつであろう。
これを見直す。

1)見やすさ
2)書かれている内容・要素
3)カタチ・形状

まずは、1の見やすさ。
名刺の目的は、自分のためではなく、相手に必要な情報を伝えることである。
だから、相手の方がパッと見て、電話なりメールなりをしてくれるように、情報がコンパクトに載っていることが大切だ。

レイアウト重視で、文字の大きさが小さいものはNG。
余白を活かして、オモテ面はすっきりとしたい。

2の書かれている内容・要素について。
ウラ面には、自己アピールを最大限に入れたい。
業務内容・営業品目などはもちろん、対外的な活動や略歴などを入れ、個人的な関心事がわかるようにしておきたい。

人はその人との「共通項」を探したがる。
生まれ故郷でもいいし、趣味でもいいだろう。
自分の人柄がわかる「手がかり」を少しでもつめておきたい。

また、顔写真や似顔絵を入れているパターンもある。
相手に印象を残すためには、少しでも工夫を取り入れたい。

3のカタチ・形状について。
名刺は1枚のカード型である必要はまったくない。
ある人は、2つ折りのものを使って、情報量を2倍にしている。
ハガキ大のものを名刺と称して交換している方もいる。
(これは、インパクトは大きいが、後で収納する際に少々困る)

材質もさまざま。薄い紙、厚紙(曲げられないほどのものもある)。
紙のみならず、プラスチック製、木材を使用したものもある。
点字を入れているものもある。
目的は、差別化・インパクトである。あるいは、自分たちのこだわり、といってもいいかもしれない。

相手に少しでも「おやっ」と思わせる。
そこから会話が生まれる。
自分たちがこだわっているもの、関わっていることと一致していればなおさら効果は大きい。

名刺は小さな会社案内。

そんな観点から今一度、見直してみたい。

« 定山渓の豊平川でカヌーを楽しむ | トップページ | 豊平峡ダム »

SPツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定山渓の豊平川でカヌーを楽しむ | トップページ | 豊平峡ダム »