« 逆境を乗り越える | トップページ | 「さっぽろ圏ご当地ふーど発見隊」の修了式 »

「どうぎんカーリングスタジアム」に取材に行く

Dsc_0543

月寒体育館隣にオープンしたカーリング場「どうぎんカーリングスタジアム」に取材に行く。
ここは、公共施設としては全国で初めての通年型の専用施設。

Dsc_0481

外装に江別産レンガ、内装に道産カラマツや札幌軟石を使用する。
中は5〜8℃程度に保たれており、当然のことながら寒い。

カーリングは、見た目以上に難しい。
ただ、ボウリングのように石を投げればいいように見えて、実は奥が深いことを知る。

チームワーク、瞬時の的確な判断、頭脳プレーが要求されると、
指導してくれた、札幌カーリング協会のインストラクターはいう。

けれど、奥は深くとも入り口は広い。
シニアの方はもちろん、障碍者でもやれるスポーツだ。
小学生対象の無料体験会も予定されている。

なにか、新しいことにチャレンジしたいなあ、と考えている方には、
ぴったりなスポーツかもしれない。

新しい世界が広がるような、そんなすばらしい施設であった。


・月寒東1条9丁目
・地下鉄東豊線「月寒中央駅」から徒歩約5分

« 逆境を乗り越える | トップページ | 「さっぽろ圏ご当地ふーど発見隊」の修了式 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

Buildings are not cheap and not every person can buy it. But, personal loans was invented to aid different people in such kind of situations.

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆境を乗り越える | トップページ | 「さっぽろ圏ご当地ふーど発見隊」の修了式 »