« 日野原重明さん、100歳になってもFacebookのためにiPadの練習をする | トップページ | 「東京R不動産」というユニークな集団を知る »

「ないとうクリニック」の開院準備が進む

Dsc_0485

元・おおあさクリニックの院長である、内藤貴文先生が
自らの思い描く地域医療のありかたを実現すべく準備をしている。

新医院の名称は「ないとうクリニック」。
整形外科、リウマチ科、内科の病院だ。

場所は、江別市大麻東町14−6。
厚別通から江別に入り、「2番通」に面する。
「ツルハドラック」のお隣。

開院は9月20日(木)と聞く。
内藤先生、58歳の挑戦が始まる。

« 日野原重明さん、100歳になってもFacebookのためにiPadの練習をする | トップページ | 「東京R不動産」というユニークな集団を知る »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日野原重明さん、100歳になってもFacebookのためにiPadの練習をする | トップページ | 「東京R不動産」というユニークな集団を知る »