« 時間を記録する、2012年の8月最終週 | トップページ | 運命を伸ばすために必要なこと »

9月の「札幌ビジネス塾」

9月の「札幌ビジネス塾」に行く。
今回は須田さんが講師だ。
演題は「視座の高さが生き方を変える」。
印象に残った点を記しておきたい。

・一生懸命と本気は違う
一生懸命は、人に言われてなる状態。だから「がんばる」→「深刻」になり→「苦しい」状態に陥る。
それに対して、本気は自らの意思によってなる状態のこと。まずは「覚悟を決める」→「真剣になる」→「楽しい」状態になる。

・「本気の人」は自分でしかできないと思っていることをやっている。
・人生の師を設定せよ、そうするとブレない。
・日本人は、昔から「肚(はら)」の文化を持っている。
・知識の量より覚悟の量が大事。
・志と時流と強みを活かしたところに本分がある。

何事も「知っている」ことよりも「やっていること」が大切だと説く。
いい話を聞いた、だけで終わらせないよう、ワタシもひとつでも多く「実践」につなげたい。

« 時間を記録する、2012年の8月最終週 | トップページ | 運命を伸ばすために必要なこと »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時間を記録する、2012年の8月最終週 | トップページ | 運命を伸ばすために必要なこと »