« 9月の「札幌ビジネス塾」 | トップページ | 「経営」とは〜辞書からの以外な定義 »

運命を伸ばすために必要なこと

月刊「致知」10月号が届く。
特集は「心を高める、運命を伸ばす」である。
そのリード文章から。
それぞれの世界で一道を切り拓いてこられた方々が共通して言われること。
伸びる人の条件。
職業のジャンルを越えて、その道の頂点を極めた人たちが一様に答えたことは、
「素直な人が伸びる」
というシンプルな言葉だった。

素直なこころを持ちながら、
日本将棋連盟会長の米長邦雄氏は、運命を伸ばすこころの在り方としてこう言ったという。
「ねたむ、そねむ、ひがむ、うらむ、にくむ。そういう気持ちを持っている人に運はついてこない」。

また、稲盛和夫氏が一貫して説いていること。
「心を高めない限り、経営は伸びない」。

このように、心のありようがいかに大きな人生の差異となるか。
このことを肝に銘じ、自らの心を高め、運命を伸ばしたい。

« 9月の「札幌ビジネス塾」 | トップページ | 「経営」とは〜辞書からの以外な定義 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月の「札幌ビジネス塾」 | トップページ | 「経営」とは〜辞書からの以外な定義 »