« 「心を高め、運命を伸ばす」 | トップページ | 江別市のファームレストラン「食祭」 »

手帳探しの旅〜マンダラ手帳A5リフィル版の採用へ

120927_16_26_43

手帳探しの旅がつづく。

今年の年頭には、マンダラ手帳で行くと決めてシステム手帳に別れを告げた。
しばらくは、あんばい良く使っていたものの、
スケジュール以外の部分が抜け落ちていることに気がつき、
「マンダラ手帳+システム手帳」の組合わせにして、持ち歩くことにしていた。

その上で、別の手持ちのノートに、タスク(to do)を書き出すようになり、
すると、

  1)ノート
  2)マンダラ手帳
  3)システム手帳

この3つを開いて、見なければならなくなっていた。
いずれのツールも中途半端になってしまい、なんとか一元管理ができないものかと思案にくれていた。

そんな時、武沢さんのメルマガに「来年用にどちらにするか迷っている」
と、マンダラ手帳に
「A5リフィル版」があることを知った。

A5版は見開き2ページで、1週間が見渡せるようにつくられている。
右半分はまるまるノートとして使えるようになっている。
この大きさであれば、1週間のタスクを全部書ける。
(同じ大きさのルーズリーフで実験済み)

右ページにやるべきこと系が書かれ、
左ページにそのスケジュールを配置できるように思ったのだ。

すると、手帳を開いた状態で、
その1週間すべてが俯瞰できる。
この状態はとても気持ちがいいのではないか、と思った。

そもそもはリフィル版なので、システム手帳のように他のものも挟める。
難点は、従来のバイブル版サイズより大きくなることである。
携帯性や、さっと取り出してその場でアポを記入する、といった俊敏性に欠ける。
カフェなどのテーブルでは、開くと大きすぎるかもしれない。

しかし、今や、アポのほとんどがメールでやってくる時代だ。
上記のデメリットを打ち消すほどのメリットの方があるはずだ。

そう信じて、今回のセッティングに決めた。

多少のコストは、その成果が打ち消してくれるであろう。
なによりも、

  ・長期的な方向性
  ・日々のかみしめるべきルーチン系
  ・年間の計画表
  ・半期の数字目標表
  ・着手したいプロジェクトリスト
  ・週間のタスク&週間のスケジュール表

これらが「1冊になっている」、しかもいつでも持ち歩きできる状態になっている。
このことが、気持ちいい。
落ち着くというか、やすらぎを感じる。
(ワタシの強みのひとつに「規律性」というのがあり、
秩序だったことが大好き、逆に混乱している状態に耐えられない、
ということが、こういったことに大きく影響しているように思う)

まあ、いずれにしても、
手帳探しの旅は終わりそうにない。
仕事のやり方の変化に合わせて、それを管理する道具も変化するはずだ。
そう思って、
気分一新。

2012年度の後半戦に臨みたい。



« 「心を高め、運命を伸ばす」 | トップページ | 江別市のファームレストラン「食祭」 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

Have no enough cash to buy a building? You not have to worry, because that is possible to receive the personal loans to resolve such problems. So get a term loan to buy all you need.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「心を高め、運命を伸ばす」 | トップページ | 江別市のファームレストラン「食祭」 »