« 3C視点 | トップページ | 2012年のお盆 »

「レバンガ北海道・折茂武彦講演会」に行く

120812_13_50_39

札幌広域圏組合さん主催の「レバンガ北海道・折茂武彦講演会」に行く。
演題は「夢の実現に向けた、飽くなき挑戦」。
小中学生とその親、約200名に語る。

プロバスケット選手であり、球団の理事長も務める折茂氏。
氏は夢を持つこと、目標を持つことの大切さを説く。
その上で、何事も、練習も、「考えながらやる」重要性を訴えていた。
考えて、工夫して、試す。
この繰り返しが、夢や目標に到達するすべてだという。

また、「心技体」ということばがあるが、
特に小中学生に対しては、「心体技」の順番が大切だと言っていた。
技を磨く前に、カラダをつくれと。
炭酸飲料やおかしを食べずに、ごはんをたくさん食べろと強調する。

会場の子どもたちからの質問は、バスケットの技術的なことが多かった。
しかし、テクニックの前にしっかりとした基礎力を高めよ、
折茂氏の持論は明快であった。

スポーツであれ、勉強であれ、仕事にあっても基本は同じだ。
基本練習を大切に、練習では本番をイメージして緊張感を持ってやり、できないことをできるようにしていく。
実績を残してきているプロのことばだけに、重みがある。

« 3C視点 | トップページ | 2012年のお盆 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3C視点 | トップページ | 2012年のお盆 »