« 通販市場の拡大と、大卒者の仕事の不安定化 | トップページ | 9月の「札幌ビジネス塾」 »

時間を記録する、2012年の8月最終週

120831_20_19_02

ドラッカーの教えの中で、自己管理の最初に出てくるのが「時間管理」である。
いわく、
有名な名言「成果を上げるものは仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする」。
そして、
「時間を管理すべく、時間に対する非生産的な要求を退け、自由になる時間を大きくまとめる」とある。
その上で、
「時間を管理するには、まず自から時間をどのように使っているかを知らなければならない」という。

その原則に則って、今週1周間のその記録の週とした。
自分はいったい、何にどのくらい時間を費やしているのか。
それを克明に記録した。

この作業は過去、何度も行っている。
集計するたびに驚かされる。
自分のイメージしていた時間配分と、実際の行動記録が大きく乖離しているからだ。

今回はどうだったのか。
結果から言うと、予想から大きく逸脱するようではなかった。
Aプロジェクトに34%、Bプロジェクトに14%、Cプロジェクトに13%という配分になっていた。

しかし、
全時間からの「有効作業時間」割合は59%であった。
ここは、もっと高めなくてはならない。

新しい企画のための時間は、結果的にわずか3%であることがわかった。

こうして、時間使いを数値化して「見えるようにする」ことでいろいろなことがわかってくる。

ドラッカーは、まずは「時間を記録する、整理する、まとめるの3段階にわたるプロセスが、成果をあげるための時間管理の基本となる」という。

ビジネスマン・知識労働者の基本。
スポーツでいう、基本練習。
野球ではキャッチボール。スキーではプルークボーゲンだろうか。
いや、どのスポーツにも共通する「ランニング」であろうか。
いつも基本に立ち返り、チェックせねばならない大切なことのように思う。


« 通販市場の拡大と、大卒者の仕事の不安定化 | トップページ | 9月の「札幌ビジネス塾」 »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通販市場の拡大と、大卒者の仕事の不安定化 | トップページ | 9月の「札幌ビジネス塾」 »