« 佐々木邦俊さん、逝く | トップページ | すごい人たち(ウルトラランナー) »

店の張り紙

「がんばれ社長」の武沢さんのメルマガから。
<張り紙>に関する記事を読む。

へえー、なるほど。
とても参考になるので、一部を記載したい。

===ここから===

●同じく名古屋で。
よく行くそば屋が、最近、社員旅行のため臨時休業した。それを知ら
ずに足を運んだ私は少々がっかりしたが、シャッターの張り紙が長文
ながら奮っていて、ついつい読みふけり、しまいには感心した。
こんな文面だった。

「なじみのお客さまの皆さま方へ

いつもご贔屓ありがとうございます。手打ちそばの○○屋は、お客
 さまの肥えた舌をさらに満足させるべき、○月○日から○日までの
 二日間臨時休業を取らせていただきます。
 期間中はスタッフ一同、京都に修行の旅にでかけます。○日からは
 通常通り、いえいえ、通常以上に腕によりをかけて営業を再開しま
 す。
 なお、営業再開後はスタッフにお声がけくだされば、京都の土産話
 のひとつやふたつ必ずやお聞かせできるはずでございます。

 また、心ばかりの粗品ではございますが営業再開の○日以降、先着
 百名様限定で、京都土産をご用意してあなた様のご来店をお待ち申
 し上げます。
 どうか○日を楽しみに。そして今後とも○○屋をお引き立て賜りま
 すよう、心よりお願い申し上げます。
               店主ならびにスタッフ一堂 敬白」

●たった二日間休むだけでこれだけのメッセージ。見上げるべき心意
気である。
私はその場で手帳をひらき、営業再開日に「○○屋に行く」とメモし
た。当日行ってみるとまだ昼前なのにすでに行列ができている。

●ざるそばを食べて店を出ようとしたら、スタッフの女性が「これ、
私たちの修行旅行のお土産です」と、におい袋ストラップをくれた。
百個揃えても金額は知れたものだと思うが、お店のイメージアップ効
果は絶大である。

●「社員旅行」ではなく、「修行旅行」という名もすばらしい。
実際にそばの手打ち修行もしてきたらしいが、仮に京都の老舗料理屋
でご飯を食べるだけでも立派な「修行旅行」と言える。

●張り紙を出す機会は滅多にないかもしれないが、メールやメルマガ、
ブログ、ホームページなどでそうしたアナウンスをする機会は多い。

張り紙の知恵、あなたもきっと活かせるはずだ。

===ここまで===

なるほど。
これは応用したいものだ。

« 佐々木邦俊さん、逝く | トップページ | すごい人たち(ウルトラランナー) »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐々木邦俊さん、逝く | トップページ | すごい人たち(ウルトラランナー) »