« 「第18回ほっかいどう24時間走」の「6時間走」部門に出場 | トップページ | ミッションー心の羅針盤ー1週間のレビュー »

「第二領域」の時間管理

「7つの週間〜最優先事項」という愛読書を読み返していたら、
こんな一節にであう。

「オリンピック選手は、大会の日のために、日々厳しいトレーニングを何年もかけて行っている。
彼らは競技中の自分を詳細にイメージしながら、心の中でリハーサルをする。そのようにして自分の中に力を蓄えていくのだ。
気が向いたときだけ、あるいは調子の良いときだけ練習するようでは訓練にならない。同様に、私たちも能力の源に目を向けて訓練しない限り、豊かな生活を享受することはできないのである」。

本では、「第二領域」の時間管理において、重要事項を優先せよと説く。
その一つに「刃を研ぐ」時間を確保せよという。
日々の読書や運動といったこともそうだし、「キャリアアップ計画」や「生涯教育」といったより長期的な視野のもと刃を研ぐ人もいるであろうと指摘する。
重要なことは、
「自分にとって最適な方法を見つけること」だそうだ。

刃を研ぐ分野は主に4つ。
1)身体
2)社会・情緒
3)知性
4)精神
とされる。
これらに対して、何を課題として設定するか。
しかも、「今週」という時間制限の中で。

GWという約10日間が過ぎた。
さあ、気合いを入れ直して、出発しよう。

« 「第18回ほっかいどう24時間走」の「6時間走」部門に出場 | トップページ | ミッションー心の羅針盤ー1週間のレビュー »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「第18回ほっかいどう24時間走」の「6時間走」部門に出場 | トップページ | ミッションー心の羅針盤ー1週間のレビュー »